トップページ > 杜氏・蔵人のナマの声

杜氏・蔵人のナマの声

このWEBサイトをご覧になっている杜氏さん・蔵人さんがいらっしゃいましたら、ぜひ現場のナマの声を掲示板に書き込んでいただけたらと思います。


198  さけあきんど  2007/11/3(Sat)9:4:3 
管理人さん、皆さん、初めまして!私は酒販店を営んでおります。日本酒の事をもっと知りたいと思い、書き込ませていただきました。是非、お仲間にいれてください。宜しくお願いいたします。
197  釜屋  2007/10/29(Mon)21:44:11 
にごり酒さんお久しぶりです。
ちょっと元気ないです・・・

仕込みはうちも始まっていまして、アンプル四本ばかし済んだとこです。

まだ暖かいので温度下げるのに苦労してますわ。
仲まではなんとか、留後がキツイですわ。

蒸米も駄目駄目。

今年もお互い頑張りましょう。
196  にごり酒  2007/10/22(Mon)19:8:12 
お久しぶりです。
indexが404になってて、一瞬なくなったのかと思いましたよ。
せっかちなうちの蔵ではもう仕込みが始まってます。
釜屋さん元気でやってっかな?
195  an  2007/9/15(Sat)23:10:44 
こんなんは。
本当は自分もそう思ったんですが、よくよく考えてみたらそういう結論に達しました。
でももしかしたら鳥本でしてるかもです・・・・
釜屋さんがいうように鳥本でもひっかかるのがおかしい・・・
194  日本酒物語  2007/9/15(Sat)22:12:39 
釜屋さん、こんばんは。

高木酒造さんに電話されていたんですね!興味ある話題だったので、私も蔵元さんのコメントが聞いてみたいと思っていました。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2998887.html
↑私は以前話題になったときにこのウェブページを見て、鳥本酒造の名義でも造っているのかな?と首をかしげていました。

でも何度見ても鳥本酒造に見えますよね(笑)
193  釜屋  2007/9/14(Fri)19:14:11 
たびたびすみません。

今某オークションで蔵元がハッキリ写っている奴見てたのですが、全部鳥本に見えますな・・・つまり・・・

anさんのおっしゃる通りで、俺の勘違いだと思います!

混乱させてしまい、皆さん本当に御免なさい!

エ〜ン鳥本酒造でググって十四代がヒットするからいけないんだ〜(泣)
192  釜屋  2007/9/14(Fri)18:53:13 
おぉっ!久々に十四代ネタが・・・

写真見て見ましたが確かにどっちにも見える・・・

でも以前高木は高木、鳥本は鳥本ではっきり違いを感じた様なきがするんですよね〜(だんだん自信無くなってきた・・)
写真は鳥本だと思うんですが・・・

http://www4.ocn.ne.jp/~sakanaya/sub-05-rireki.htm
を見てもはっきり分けて記述されてます。

そこで勇気を出して電話してみましたよ!蔵元に!高木酒造さんに!
そしたら・・・・

「高木酒造です。本日は定休日です。」とのガイダンスが・・・

どうやら電話したのが遅すぎたようです・・・

真相はどこに?
191  日本酒物語  2007/9/14(Fri)3:52:14 
anさん、はじめまして。
そういわれると確かに!!これが真相かもしれませんね。

http://www.nrib.go.jp/sake/sl/images/061203.JPG
ラベルがはっきり写った写真を探してみましたが
なかなか見つかりませんでした。

190  an  2007/9/13(Thu)23:41:23  はじめまして。
高木酒造ですが、単なる字体の違いじゃないですかね?
高=鳥 木=本のように見えます。
189  忍耐  2007/8/26(Sun)19:10:5 
kmap様
 ご教授頂き有難うございます。石綿は、鑑定官の方に提出する物にのみこっそり使っていました。商品用としては使用していません。3年程前まで出品酒用に使っていました。先代から頂戴したのですが、恐ろしいことです。然しながら、どの濾過助剤よりもすばらしい材料でありました。手前どもの水源は、淡水と海水の混じる川が近いこともあり、ミネラルに偏りがあります。
188  釜屋  2007/8/24(Fri)18:13:41 
某大手酒造メーカーで瓶の蓋に黒カビが発生して回収騒ぎになったと少し前のニュースでやってましたな・・・
決して他人事では無いと思ったのは私だけではあるまい・・・

187  kmap  2007/8/11(Sat)13:14:11 
忍耐様
 石綿は使用禁止ですが…。あと代替品についてですが、濾過助剤のメーカーにその旨を相談されるのがいいでしょう。少量ですがサンプルももらえると思います。その中で一番自社の蔵にあっている製品を探してはいかがでしょうか。また、井水に関しても近郊の地質調査会社などにその土地に多い飲用に適さない成分などを聞いて、その項目を分析に出したほうがいいともいます。
186  忍耐  2007/8/11(Sat)0:41:25 
下記に訂正があります。珪藻土はラジオライトでなく、スターライト機Ν兇任后在庫が大量にあったのですが、19年酒造年度には足りなくなります。#800・#900・P5を在庫しました。ご教授の程、宜しくお願い致します。因みに、汲み上げ水は井水を活性炭濾過しています。又、圧搾・渋投入後、経変によりよりますが、1〜1.5日程度にての濾過となります。
185  忍耐  2007/8/11(Sat)0:31:53 
前回の書き込みは失礼致しました。皆さんの中に蔵勤めの方がおいででしたらお聞きしたいのですが、石綿はまだ使っておいでですか?代品をお使いで石綿と遜色が無いものがありましたら教えて下さい。吟醸以下珪藻土を使用しています。(旧ラジオライト)濾過レベルは高いですが、吸香も強い為、ご教授頂けましたら幸いです。
184  とみ  2007/7/14(Sat)16:46:45 
ごぶさたしております。

にごり酒さん、米造り大変そうですね、、、がんばって下さい。今、台風4号も近づいているそうで、心配ですね。

183  忍耐  2007/7/10(Tue)19:5:30 
日本酒は一升瓶で売れなくなりましたね。協会酵母ばかりで、偶発的な変異で山廃を狙うと、毒性試験が気になりますよね。大手さんのように自前の酵母を持つくらいお金があったら、他業種で商売したほうがいいような気がしますね。4合瓶ばかりでは、生産量は伸びませんし、充填機やアタッチメントも結構高価だし。色つきの4合瓶はカレットにして再生も出来ないから環境にも良くないですしね。もっと皆さんが日本酒飲んで欲しいですね。
182  釜屋  2007/6/23(Sat)8:47:14 
おはようございます、にごり酒さん

そうですか、あまり上手くいっていないのですか・・・
米作りもなかなか大変ですね。
でも遣り甲斐があって楽しそう。。。
失敗しながら勉強するってのは酒造りにも言える事ですな。
こんな事言うと怒られちゃうかもしれないけど。


181  にごり酒  2007/6/12(Tue)20:5:19 
こんばんわお久しぶりです。
釜屋さん
米作り、あまり上手く行ってないですよ今のところ…
堆肥が完熟してなかったようで、窒素を食われて初期成育が遅れてる状態ですね。
ガスも沸いてるし。なんかダメダメw
何より苗作りにちょっと失敗したのが痛かった。
毎年何かしら問題が出てきて、失敗しながら勉強してる感じです。

酒loveさん初めまして。
ここ今のところ蔵人だけみたいです。
180  釜屋  2007/6/5(Tue)18:53:2 
最近全然日本酒呑んでないなぁ〜
こないだ一本買っただけですよ。

ところでにごり酒さん、米作りの方はどうですか?
自分はこないだビール麦の収穫のバイトに行きましたよ。
179  酒love  2007/5/29(Tue)16:12:37 
蔵元の方はいらっしゃるのですか?
もしいるならば今の日本酒業界(特に酵母)についてどう考えてますか?
178  釜屋  2007/5/25(Fri)19:50:38 
>草枕さん

向いてない人ですか?
う〜んまぁ蔵に限った話では無いですけれど、体力、判断力は求められると思いますよ。
後、味覚、嗅覚はないよりはあった方がいいです。
無くても就職は可能だと思いますがある一定レベル以上にはいけないと思います。
突き詰めると視覚、聴覚、触覚も求められると思います。

まぁ様は感性豊かな方がいいって事かな?

>極端に遠い場所から求人応募があった場合、敬遠され易いでしょうか?

前にちょっと酷なアドバイスしてしまったようですみません。
地元の人と遠方の人から同時に求人があったら少し不利かな?と思っただけで動いた方がいいには変わらないと思いますよ。
動かない事には目の前の藪は拓けないし。
ネットで色々見るのもいいですが電話で話したりするのも大事だと思います。

頑張って下さいね。
177  草枕  2007/5/21(Mon)22:47:42 
返信遅くてすみません。
釜屋様。
辞めさせにくい。確かにそうなんですよね。
私が採用側なら当然そう考えます。
しかし、住所を偽るのはいざ採用となったときに信頼を裏切りますし、かなり難しいと思います。
現在、関西に履歴書を出すよう言って頂いている蔵があります。
他にも山陽の方で求人をかけている蔵を見たことはあります。
神亀さんは勿論考えましたが、聞くところによると人手は足りているとの事。
それでも人が集まるようなら、人手の足りないほかの蔵を紹介すると聞きました。
知らない蔵を紹介されるくらいなら、遠くても自分で探した蔵に行きたいと思ったのですが・・・。
難しいですよね。
釜屋様の考える「向いていない人」とはどの様なタイプの人でしょう?
よろしかったら教えて頂けないでしょうか?
176  釜屋  2007/5/11(Fri)20:6:22 
こんにちは、草枕さん。

面接で採用が決まってから引っ越すという事ですよね?
単刀直入に言うと難しいんじゃないか?と思われます。

なぜなら万が一使い物にならなかった場合雇用側は「向いてない様だからやめてくれる?」と言い辛いからです。
これは酒蔵に限った事では無い話ですけども。

だから嘘をついて(住所を偽って)面接をして採用になったら引っ越すというのはいかがですか?
って俺、こんなアドバイスしてもいいんだろうか・・・・

ところで埼玉といえばあの神亀さんを筆頭にいくつかありますが求人が出てないからといって諦めちゃダメですよ。
電話して問い合わせてみてはいかがですか?
まぁ何県のあそこでなきゃダメだというのがあれば別ですけどね。

>近畿や山陽の方でしたら是非行きたいと思っています。

そっちの方は求人結構出てました?
175  草枕  2007/5/10(Thu)23:11:58 
にごり酒様
レスありがとう御座います。
いえ、私も遠い距離を通うのは辛いと思い、そのつもりはありません。
通うのではなく、引越しを考えているのです。
今は埼玉に住んでいますが、近畿や山陽の方でしたら是非行きたいと思っています。
似た経験をした方がいらしたら、伺いたかったんですが・・・。
174  にごり酒  2007/5/6(Sun)21:43:52 
草枕さん初めまして。
私の場合は遠いところはダメですね。
体力仕事なんで、居眠り運転しちゃいそうで怖いw
職場はやっぱり近い方がいいですわ。現実的には。
173  草枕  2007/5/4(Fri)21:48:16 
初めて書き込みいたします。私も123の北国さんの様に会社員ですが、何としてでも将来は蔵人として働きたいと考えている者です。北国さんの書き込みが自分の思いと重なるようで、興味深く読ませて頂きました。
私もなるべく多くの求人情報を集めるよう努力はしております。しかし自宅周辺は酒造が盛んではなく、どうしても遠方の蔵しか見つかりません。私はどんなに遠くても国内であれば厭わないのですが。
実際に働いている皆さんはどうなのでしょうか?やはり極端に遠い場所から求人応募があった場合、敬遠され易いでしょうか?皆さんの考えをお聞かせ下さい。
172  にごり酒  2007/4/19(Thu)21:5:26 
とみさんこんばんわ。
うちのほうでは飯米はあきたこまちやヒノヒカリが多く、酒米は吟の夢とか風鳴子なんかを作ってます。
どちらも県産育種ですが、最近特色を出そうとどこでもやってるみたいですね。
成分バランスから来るんでしょうが、米によって麹の出来具合が全然違ってたりします。

水は豊富なところと少ないところがあって、少ないところでは毎年苦労しますよ。
日本海側は雨が少ないから、冬に雪が降ってくれないとしんどいでしょうね。
171  とみ  2007/4/19(Thu)14:40:58 
昨日は、「栃木の酒利き酒会」が都内で開かれ行って来ました♪はじめて「栃木酒14」という米で仕込んだ酒をいただきましたが、かなり特徴ある酸が出てはいるんですが、いまいちまとまりがないような・・・でも面白い風味を出してましたね♪

ちなみに、にごり酒さんのところでは、どんなお米作ってるんですか。今年は、雪が少なく田んぼの最初の水張りに心配なことろもあるそうですが、、、どこでも同じような心配があるんですか。
170  にごり酒  2007/4/18(Wed)19:56:59 
うちみたいな零細だけかと思ったら、結構どこでもやってんですねえワンカップの詰め替え。
うちは喫茶店のシュガースプーンみたいなの使ってちょびちょびと高さを揃えてますよ。
消費者はまさかこんな原始的なやり方で商品が作られてるとは思うまいw

田植えの準備でばたついてたのは、予定より十日も早く籾が出芽し始めたからなんですよ。
本来長く水に漬けた後温度を掛けて鳩胸に持っていくんだけど、暖かい日が続いたため常温で目を覚ましちゃって、いろんな準備が後手後手に回ってバタバタしちゃったんです。
計画通りならそんなあわてるほど忙しくはないんですけどね。
去年も少しそんな感じでした。温暖化の影響をじわりと感じますよ。

夏子の酒の豪田さんのようなやり方も、決して夢ではないと思いますよ。
実際完全有機無農薬でやってる人もずいぶんいるようですし。
ただあれはやっぱりイデオロギーですから、世界を席巻したりはできません。
現実には多少の妥協を交え、なるべく有機肥料を使い、なるべく農薬を減らしてという方向になってきてます。
やはり理想で動くのはどの分野でも一握りの物好きだけですから、JAとしては農家にもメリットがあるように「特別栽培米」という基準を設け、付加価値を付けて売っていこうという戦略みたいです。
ただ販売はやっぱり苦戦してるみたいですね。消費者の側からみれば中途半端ですから。

完全有機は別に難しくないんです。むしろ元肥一本槍になるから楽ですね。
ただそれで良い米になるかというと、そうでもない。
本当にレベルの高い作物を作るためには、成長に合わせてベストのタイミングで適切な施肥をする必要があって、遅効性の有機肥料の場合、このタイミングを取るのが難しいんです。
無農薬に関しては、これはなかなか厄介ですわ。
169  釜屋  2007/4/16(Mon)18:15:56 
にごり酒さん、うちもカップへは詰め替えですよ。
10個並べて高さ合わせるのに苦労してますよ。

田植えの準備そんなに忙しいですか?手伝いたいなぁ・・

実際に米作りをやられてる方に質問なんですが、夏子の酒に描かれているような米作りの考え方は実際にはどうなんですか?

やはり机上の理想論なんですか?

いや今日久々に押入れから引っ張り出して読んでたらところどころで涙してしまったんですよ・・・(泣)
168  kmap  2007/4/14(Sat)22:52:56 
にごり酒様
食品は腐る寸前が一番旨いと言います、もしかしたら狙っていたのかもしれません(笑)。
それとしっかり衛生管理されていれば(蔵の中が清潔であれば)手作業で詰め替えてもほとんど火落ちすることはありません。逆を言えば詰め替え品が火落ちするということは、蔵内の衛生管理に問題があるか、詰め替え時に使う用具の消毒殺菌などができていないのではと思います。特に洗ってから完全に乾燥していない容器に詰め替えるときに良くやられました。
また、最近の火落ち菌は、昔と違いあまり酸臭や不快な味を出さなくなっています(といってもやはり不快ですが)、火落ち菌まで淡麗になっているのかもしれません(笑)
167  にごり酒  2007/4/14(Sat)21:10:19 
火落ちしてたのがって…そりゃまずいじゃないですかw
うちと同じで、一升瓶からカップに手作業で詰め替えてたのかな?
さすがにそりゃねえか。
十五代目が帰ってきて杜氏になるまでは、地元流通のありきたりの蔵だったみたいだし、十五代目は造りもさることながら経営戦略が実に上手かったって話ですよね。
それにしても一度飲んでみたいもんです。
166  kmap  2007/4/14(Sat)14:4:12 
にごり酒様
いやよく知りません…、ただ昔の「朝日鷹」カップはすごく火落ちしてたのが地元の店頭に良く並んでました
165  にごり酒  2007/4/9(Mon)23:15:46 
こんばんわ。
田植えの準備が本格的になってばたばたしてますよ。
忙しいったらねえですよ。
ところで釜屋さん、単純に植え付け本数を減らしても、従来通りの栽培方法だと全体の収量が下がっちゃったりするんで、なかなか面倒なんですわ。
それでも最近はどこも疎植の傾向にありますけどね。

高木杜氏は十五代目だから、ずっと高木酒造のはずなんですが。
NEWS23でも高木酒造と紹介されてたし。
バッタもんかと思ったけど、ぐぐってみるとそうでもなさそうだし、なんなんでしょうね?
kmap先生あたり、この辺の事情は知らないかな?
164  とみ  2007/4/7(Sat)20:23:35 
釜屋さん、こんばんは♪
「七さし」って台車7台分ってことですか。瓶さしからきてるんですね。( ..)φメモメモ
うちでも、空瓶回収はけっこう積極的にやってるんで、よく十四代とか見かけますが、その「鳥本酒造」は見かけてないですね。高木酒造しか知らないですよ。社名か2つもあるなんて変ですよね。
163  釜屋  2007/4/6(Fri)20:36:20 
管理人さん、始めまして。
わざわざすみません、いつもお世話になっております。

私もいろいろ調べましたがどうもよくわかりませんなぁ・・

住所はまったく同じなので高木杜氏が来る前は鳥本酒造と名乗ってたのかな?
しかし一杜氏の名前に社名を変更するなんて普通考えられませんがね。

いろいろ検索していると昔は田酒から桶買いしてたとあったけどほんまかいな?
162  日本酒物語  2007/4/6(Fri)0:57:28 
釜屋さん、こんばんは。
いつもありがとうございます。
十四代のラベルが鳥本酒造となっているというお話ですが、
確かに調べてみると、そうなっている商品があるみたいですね。
私も気になります。どなたか詳しい方がいたら教えてほしいです。
161  釜屋  2007/4/4(Wed)20:46:6 
とみさんこんばんは。
瓶さしは瓶洗い機から瓶詰場まで瓶を運ぶ台車みたいな物で一さし300本位挿せますので「グリーンを七さし」と言われたらグリーン瓶を瓶さし7台分、2100本近く洗うわけなんですよ。
単調な作業が続くので珍しい瓶が出ると「うぉっ!」という感じですよ。

ところでまた十四代ネタで申し訳ないんですが、ラベルには鳥本酒造となっていましたが、ここで見たら高木酒造となってますな。どうなってんだろ?
160  とみ  2007/4/3(Tue)20:44:18 
こんばんわ、釜屋さんお疲れ様です。お米の話とか目からうろこですね!十四代の味を追っている蔵も最近目立っているそうですね。よくお客さんからもそういう話を聞きます。(十四代飲んだことないんでわかりませんが・・・)ところで、“七さし分”ってナンですか?蔵でみる棒の突き出た瓶を引っ掛ける奴に関係しそうですね・・・違うかな?
159  釜屋  2007/4/3(Tue)18:39:8 
今日七さし分瓶洗いしていて十四代が三本も出てきましたよ。
わが県で店頭で定価で買える所は無い筈なのに(たぶん)どこの誰が呑んでんだろうなぁ・・・

呑めばなんだ、こんなもんかと思うんだろうけどやっぱちょっとは呑んでみたいなぁ・・・
158  釜屋  2007/3/30(Fri)20:18:5 
にごり酒さん
そうなんですか。一本植えと通常ではそんなに差があるとはビックリですよ。。
だったら一本一本間隔空けて植えればいいじゃん!などとアホな事を思いついてしまいました。

もうすぐ蔵空けしますのでとりあえず三季、四季醸造しているところに行こうと思います。
そして十月頃に今の所に戻るかは・・・
今気持ちは一杯一杯、にごり酒さんの言う通り後悔のない様にやって行きたいです。


157  kmap  2007/3/29(Thu)23:59:23 
にごり酒様
 こんばんは。私は薄井勝利先生についてはまったく知りませんが、私自身が話しをややこしくしたみたいなので説明(というより不思議に考えてること)したいと思います。1本植えについては結論としては約800粒から1500粒の間でした。これは1本の穂に100粒から130粒くらいついており、それが8〜12本くらいにぶんけつしていましたので上記の結果になったのです。ただしここで
「稲の力を存分に発揮させてみよう」
と言うことはまったく思いませんでした、それこそ酒屋万流なら稲作はそれ以上です。それよりも気になったのは1粒が1000粒になるとしたら単純に原価率は0.1%です。どんな投資でも、どんな企業でもこの1000倍と言う数値は出せないのではないでしょうか。それでも農家はほとんどが赤字かそれが出ないくらいです。勿論1年に1回と言う制限もあり、たくさんの費用がかかるのは経験者なのでよく分かるのですが、1000倍でも収支が取り辛いというのは構造的な問題だけでなく他にも何か原因があると思うのです。
 もしよろしければその辺をこの場を借りて色々お聞きしたいと思いました。ずいぶんと遠回りをさせてしまいすいませんでした。
156  にごり酒  2007/3/29(Thu)19:35:56 
釜屋さん
実際の田んぼでは、一粒が何粒になったかは簡単に計算ではじき出せるんですよ。
ところがその数字は一本植えの場合にはるかに及ばないんですね。
つまり慣行農法では稲という植物の潜在能力を生かし切れてないと。
kmap先生がほのめかしてるのはそういうことですわ。
これは薄井勝利先生の考え方です。

私は半分ボランティアのつもりで蔵に行ってるんで蔵替えする気はないんですが、勉強のために蔵替えするのはアリだと思います。
後悔のないよう頑張ってください。私も頑張りますよ。

kmap先生
そうですか。ある数字を期待してたんですが、当てが外れましたな。
155  kmap  2007/3/28(Wed)22:10:6 
にごり酒様
 バケツ苗もいいですが、実際その苗を植える田んぼに苗を1本だけ同じように植えてみてください。同品種の1本植えでも場所によって違います(と言うかこのお遊びは田んぼに1本植えることに意義があるのです(微笑)。
 同じ状況のもとで1本植えと、田植機で普通の植え方(多分ですが、1箇所に3〜5本くらい苗を突っ込んでいると思われます)をしたものの対比が結構笑えるのです。
 
 私が行ったものは…にごり酒様の結果が出ましたらこの場を借りて語りましょう。絶対知らないほうが楽しいですよ。
 
 で、いつの間にか先生になってしまいましたが、ホントにただの酒造工です決して身分の偽りはありません(笑)
154  釜屋  2007/3/28(Wed)20:51:53 
にごり酒さん、こんばんは。

>151 
そうなんですか。それにしても酒作りも稲作も高いレベルを目指しているようでなかなか頑張っていますね。

私は最近よその蔵に行って勉強したいと思い始めました。正直悩んでいますわ。

しかし一粒植えると何粒できるか・・・う〜んにごり酒さんも最近大変ですな。心中察します(泣笑)
153  にごり酒  2007/3/27(Tue)22:19:38 
kumap先生
「答えは自分で見つけましょう」ってヤツですか?ヒドイなあw
わかりました。バケツ稲は今年いくつか実験してみるつもりだったんで、頑張って数えてみますよ。
ところで参考までに、実際先生の作った田では一粒が何粒になったのか、
そこんとこだけ教えて頂けませんでしょうか?
152  kmap  2007/3/25(Sun)23:3:11 
 にごり酒様
 せっかくなら今年バケツに一粒植えてやってみてはいかがですか?きっと驚く結果になりますよ…そしてそれが解けたらなんか稲作でもいいことになりそうなんです。ずいぶん抽象的でスイマセン
151  にごり酒  2007/3/25(Sun)19:53:52 
釜屋さん
稲作って適当にやっててもそれなりの物ができちゃうんだけど、
より高いレベルを目指すとどんどん厳しくなってきますねやっぱり。
「多収」という一つの方向では一応技術的な完成の域に達してるんですが、
近年の有機ブームで「安全」「良食味」という新しい方向性が生まれてきてせめぎ合ってる状態です。
これらは決して相反するものではないんですが、一つに入れ込むとやはり他が削られるような感じでして。
近年は三つの方向性をうまくバランスしてより高次元の稲作を目指そうという動きもあって、結構面白くなってます。
うちの地元にもやる気になってる爺さんたちが何人もいますよ。こっちまで何だか熱くなりますわw

Kmap先生
いやさすがですな。
米一粒植えるとなんて考えたこともなかったですよ(´・ω・`)
…うーんどうだろ、200粒くらいですか?
150  kumap  2007/3/20(Tue)23:27:31 
 釜屋様
 年間雇用のとき、暇なときは図書館や県の農試などに遊びに行ってました。このときの経験が役に立っているのかもしれません。でも蔵人もただ伝統だからいいとかじゃなくて過去と未来をつなげる技術者にならんといかんと思います。ただ、火入れ時は酒の変化を見る良い機会です。いいと思った酒とそうでない酒を記憶しといて呑み切り時にみるのもいい勉強だと思います

 にごり酒様
 今減反は耕作地の3分の1位です。サラリーマンに給料3分の1カットするぞと言ったらきっとやりきれないでしょう(苦笑)。まったく…
 等級については普通に農協に出してました。というのも田舎では農協を敵に回すより味方につけたほうが圧倒的に商売しやすく、また情報も広がりました。
 私も一時期にごり酒様みたいにネットサーフィンしてましたが、まずは自分の稲作に対する姿勢を整理されてからその姿勢に見合う情報を探すほうがいいかと思います。
 ところでにごり酒様は米一粒植えると何粒になるか知ってますか?わたしはここから考え始めました。
 今日で火入れまでひと段落したので明日から里帰りしてきます(笑)
149  釜屋  2007/3/20(Tue)21:11:34 
にごり酒さん、私は稲作の事はちっとも分かりませんが、酒造り位奥が深い物なのでしょうか?
いいなぁ、年中打ち込めて。
私は夏とかは抜け殻のようですよ。
酒米造り上手くいくといいですなぁ。
自分の作った米で酒を醸す・・・素敵ですね。

ページ:[前へ]  1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   [次へ]