トップページ > 今日も遊家にて…
今日も遊家にて…
第十三話 バルタン星人
7月のある日、遊家にて上喜元「酒和地」(純吟、活性にごり)を見つける。
飲んでみたかった酒だ。
ふむ、のどの奥に来る辛さが印象的。なかなかに旨い。

これを喜んでいると、火災店員が「バルタン星人」もありますよと。
その後、シュワッチ結構旨いねぇとかいろいろ話をしたが、
「え?バルタン星人あるの?笹一の?」
と時間差で聞き返してしまった。

解説しよう。
山梨県の笹一で製造される「バルタン星人」は限定酒。
昨年たしか300本限定くらいで、さっさと完売。
今年は、ちょっと製造量を増やしたそうだ。
それを手に入れたか。偉いな火災隊員。

吟醸原酒。
ふむ、いい飲み口だね。
最初はいいね。後半無いね、味が。
旨辛いとか評価してみようか。しかし、辛すぎ、アルコール勝ってるかな。

あれなんだよね。
笹一は、酒蔵まで行って、見学したことあるけど、
お土産用の企画ものの酒が山ほど種類があったんだ。
試飲をさせてもらったけど、それらはイマイチだったなあ。
出来のいいおみやげ物レベルっていうのかなぁ。これでいいと思ってるんだろうかな。
社員ががんばって販売のアイデアを出してるんだろうねぇ。
でも、50%精米の大吟醸は旨かったけどね。あれは全国区の味わいだった。

この「バルタン星人」は、火災隊員の私物。
サービスで提供してくれたものだ。
本人も味に満足いっていないようで、
「予約して一ヵ月後にやっと買いに行けたんだけど、まだ売れ残ってました」

ウルトラマン関連2種の酒は、シュワッチの勝ちだな。

バルタン星人から、笹一酒造さんに要望があるそうです。
「大吟醸詰めてください」





2010年07月11日

コメント(6)

ごえも〜んさん、こんにちは。
バルタン星人、こんなのあるんですね〜。
千代むすびの目玉のおやじぐらいのインパクトありますね。
目玉のおやじはラベルに反して
結構バランス良く旨さが整っていた印象がありますが。
大吟醸はゼットンで詰めて欲しいですね(笑)。
2010年07月13日 23時02分33秒  ひなちゃん
目玉の親爺は、銘酒ですよね。傑作です、あの旨さは。

一方、この酒は、残念な出来です。
企画ものの域を超えていない。
実力ある蔵なのに。非常に残念。

ゼットンも銘柄化してしまう。そのアイデア良いですね。
あくまで、ウルトラマンの敵役を製品化する路線がいいですね。w
2010年07月15日 21時04分57秒  ごえも〜ん
ごえも〜んさん、こんにちは。
ラベルが企画物の類はやはり味わいに疑問を抱いてしまいますが、
それだけに旨ければポイント高いですよね。
酒和地は地元で結構見かけます。
活性にごりは今まで敬遠してたんですが、
ごえも〜んさんのブログ見てから今年は挑戦してる
カテゴリーです。
酒和地もいずれ飲んでみます!
2010年07月15日 22時08分29秒  ひなちゃん
企画ものはそれなりで行くのか、遊びの酒だからこそ手を抜かないのかは、判断ですよね。
もしくは、手を抜いてるつもりでも、自力で圧倒してしまうのかもしれない。
(^^ゞ
名誉のために何度でも書きますけど、笹一は、山梨でもトップクラスの旨い酒です。

活性にごりのトップクラスは、べらぼうに旨いです。
あとは、獺祭のやつがもし未飲でありましたら、ぜひお試しください。
2010年07月18日 00時06分36秒  ごえも〜ん
獺祭の活性にごりは未飲です。
酒和地と共に優先的に飲んでみます。
それにしても暑い日が続きますね。
こんな時こそ活性にごりですね。
2010年07月21日 22時43分51秒  ひなちゃん
そこらへん、蔵の認識もあってきたのか、
続々と発砲にごりでてますね。
なつににごり出荷するの大変だろけうど、嬉しいかぎりです。(^^)
2010年07月24日 22時51分52秒  ごえも〜ん
※ログインすると、コメントできます。
メールアドレス
パスワード

[パスワード忘れた][メンバー新規登録]

執筆者:ごえも〜ん
純米酒好き。
好きな酒は飛露喜。

ブログ:いざかやとかほうろうき