トップページ > 今日も遊家にて…
今日も遊家にて…
第十四話 天遊琳夏純
天遊琳という酒があります。三重県タカハシ酒造の酒です。
伊勢の白酒(いせのしろき)という発泡生酒で有名な蔵で、この酒は、フジテレビのスマスマでも何度か登場したりもしています。
またこの白酒は、長年伊勢神宮の新嘗祭にも奉納されているという、由緒あるお神酒をベースに造られたものだとか。

さて、そのメイン銘柄の天遊琳は主に、食中酒というものを狙っているようです。
派手な香りや、酸や甘さではなく、
穏やかに、滋味旨いもしくは、味わい深くという方向性です。
燗向きという表現もあるかもしれません。

また、古酒にも力を入れていて、
3-4年寝かせて、味を載せたものを出したりもします。

ま、そうなんですけど、ぶっちゃけた話、私の従来の印象は、「濃い」「苦手」
というものでした。
正直言ってしまうと、私の好みは、酸と甘さ、そして派手な香りOKっていう方向性。
なので、こういった酒の評価は総じて低くなってしまいます。

そんな中、
等々力の居酒屋「一日半歩」にはじめて行った際、
店員さんのお薦めは、天遊琳「夏純」。
薦められては断らないというのが私の信条なので、とりあえず飲みます。

む、
予想に反して、さっぱりしている。
甘い、ややヒネっぽいものを感じる。後半ちょい辛い。
しかし、些細な欠点を補い、飲めば飲むほど、サッパリ感が好印象。
ふむ、これは確かに夏の純米。

こういうの出来るのか、しかし、天遊琳のキャラクターとは違うなぁ。
ハテナと思いつつも、
その数日後、遊家でも再飲し、評価が変わらないことを確認。



・・・以下、某月某日遊家にて

実は、一日半歩で夏純を飲んだときには思いもしなかったのだけど、
数日後、「今度、高橋さん来店されます」と、遊家須藤店長からメールが来た。
「行きます。是非行きます」
と二つ返事で駆けつけた次第。
遅れて席に参加したので、とりあえずは、飲んで食べて、場の雰囲気に追いつく。
「今日は、夏純のことをお聞きしたくて」
「夏純を絶賛するつもりできました」(笑)
と、これだけはお伝えしなくてはいけないと、蔵元さんに直撃したのだ。

蔵元さんも、この酒の味わいの路線が従来とはちょっと違うと認識しているようです。

「このお酒のことを褒めてもらえると、嬉しいです」
いやあ、高橋蔵元は、穏やか、丁寧な方でした。
聞いて初めて分かるこの酒の意図、大変興味深かったです。

狙い通り、新しいファンを獲得していますよ。(笑)

私としては、この酒の路線を是非続けて欲しいところ、
幸い好評のようなので、毎年の定番となる方向で検討いただけるようだ。

以下余談、
最近の天遊琳は酒米など非表示のものが増えた。その理由を須藤店長は是非聞きたかったそうだ。
「飲んだ味で判断して欲しい。スペック表示は余計という判断なのでしょうか?」と誰でも考える推察をぶつけると、いつもどおり穏やかに丁寧に高橋蔵元は答えてくれた。

実は、数年前の法律改定が関係しているとのこと。

麹米も掛米 も山田錦50%精米であれば、
原料米: 山田錦(100%使用)
精米歩合: 50%
と表示すればよいのだけど、
たとえば、麹米・酒母用に山田錦、掛米に五百万石、というふうに、
2 種類以上の酒米を使ったお酒があるとして、
ラベルにそれらの酒米の表示をしようとした場合には、
酒米ごとの使用割合とともに表示しなくてはいけなくなったのだそうだ。
(使用割合: 五百万石75%、山田錦25%) などと
使用量の多い順に表示するとのこと。
それで、精米歩合のパーセント表示と混同されることを心配して、
複数の酒米を使ったお酒の場合、ラベルへの酒米の表示を
取りやめた・・・ということらしい。


一消費者の私としては、その法律改定の趣旨は消費者保護であるかと思うので、納得できる面もあるけれど、
そこまで細かいスペック、表示されても「誰得」なのよ、ってのは確かにその通りだ。













2010年07月12日

コメント(6)

ごえも〜んさん、こんにちは。
天遊琳は飲んだことありませんが、実に興味をそそられますね。
機会があれば飲んでみたい!
それにしても法律改定による表記規制の件は知りませんでした。
確かに誰得?ですね。
2010年07月13日 22時53分58秒  ひなちゃん
実力のある蔵です。
機会がある毎に「飲まされて」きましたが、
やっと、「これわ!」と思うものに出会いました。
店長の粘りがちです。w
店長が日本酒好きになったきっかけの酒だったとか。
当日は、1999年の自家貯蔵古酒も出てきて熱く語ってました。

酒造関係者に会うと、へーって話が多いです。
そういうときの話は、あんまり、書くと私が誰かばれてしまうので、書きたくないんですけどね。
ブログとか書いてるのバレて、いいことなんか1つも無いですよ。(笑)
2010年07月15日 21時01分03秒  ごえも〜ん
ごえも〜んさん、こんにちは。
個人的には酒造関係者にはなかなか会う機会が無いので
こういったブログで読ませて頂くのは大変有難いです。
へぇ〜って話がすごく多くて楽しいです。
ごえも〜んさん的には微妙かもしれませんが
このブログ読んで楽しんでる人はかなり多いはずですよ。
2010年07月15日 21時54分08秒  ひなちゃん
経営者側の蔵としては、そうなりますよねーって話が、結構目からうろこものです。
僕は、普段から疑問に思ってることを、遠慮なくこの際だから聞いちゃうたちなんですけど、お酒が入ってるから、デリカシーとかのスイッチがオフになっていることがあるんですよね。
後から考えたら、自己嫌悪に陥ることもママあります・・・
「あれは、旨い。これはイマイチ」とか。(^^ゞ
オマエナニサマヤネンって。ほんま、頼むで俺。
2010年07月18日 00時00分22秒  ごえも〜ん
こんにちは。意表をついて近場の酒屋に天遊琳売ってました。
色々なスペックがあったんですが、
「牡蠣限定」という珍しい表記に興味そそられ購入。
単品ではきつい酸味でしたが、
生牡蠣と合わせると実にマッチしてます。
牡蠣のクリーミーさを損なうことなく、
逆に引きたててる味わい。さすが牡蠣限定。
今度は他のスペックに挑戦ですね。
2010年10月22日 22時50分02秒  ひなちゃん
おお、あまり流通して無い酒なのにいい酒屋ですね。(^▽^)/
牡蠣は、ぼくには味が分からない酒なんですよー。
生牡蠣もそんなに得意な分野じゃないし・・・
ぼくも、最初に買ったのは、名前につられて「牡蠣限定」だったわけですが・・・(笑)
2010年10月31日 12時34分37秒  ごえも〜ん
※ログインすると、コメントできます。
メールアドレス
パスワード

[パスワード忘れた][メンバー新規登録]

執筆者:ごえも〜ん
純米酒好き。
好きな酒は飛露喜。

ブログ:いざかやとかほうろうき