トップページ > 今日も遊家にて…
今日も遊家にて…
第十八話 農大出身者
行きつけの近所の酒屋に、
「もやしもん」の企画もの酒を見つけた。
わが地元、神奈川の天青の銘柄で酒を醸す熊澤酒造の酒だ。
この蔵は、地酒専門店用に独自銘柄を提供していて、それが曙光。
こだわりの曙光に、もやしもん連動企画酒を当ててきたということだ。

この蔵は、信頼できる蔵なので、迷い無く購入。8月製造の吟醸なのでやや古い。
店では室温で保存されていた。
しかし、この蔵の酒なら常温保存に十分耐えるだろうという目論見があった。

早速自宅で開封。ふむ、味に大きな狂いは見られない。
らしい、しっかりした味わいに、
ピリッと下を刺す感覚あり。これは醸造アルコールなのか。
ふむ、そうは言っても、一体感は損なわれていない。
飲み進むと気にならなくなる。
それほど、アル添を感じさせない飲み応えある味わいであると言っておこう。

さて、もやしもんといっても、僕は断片的にしか知らないのだけど、
あれは、東京農大をモチーフにした漫画だとおもっていたけど、そうでしょうか。

農大つながりで、こういう話を聞いたことがある。

蔵関係者にあうと、長年疑問に思っていたことを臆面無くぶつける私であるのだが、
ある日、お酒の会にて、
「いろいろな種類を出している酒蔵がありますが、ああいうのは、理想のお酒を見つけるための試みなのでしょうか。」
造りの種類はできるだけ絞り込んだほうが、効率がいいのはいうまでもない。
コスト、手間、販売価格、あらゆる意味でそれに反する
多品種少量生産は、デメリットが多いと思われる。
そういう質問である。
それに対して、蔵関係者は、
「東京農大出身者にありがちなのですが、いろんな酵母、酒米をつかいたがっちゃうんですよね。。。」
その人も、30代の農大出身者で、
自らの経験からの話であった。
そういう、その蔵は、こだわりの一種類の酵母で醸す系の酒蔵であったので、
上記のコメントは、自戒としていたのかもしれない。

「農大出身者は、いろいろやってしまう。」

成るほどととても合点がいった。
なにか、非常に微笑ましい話だったので、印象に残っている。





WEBで検索すると、
この「もやしもん」コラボ酒は、今春のドラマ企画だったようで、各蔵から発売されたようである。
http://www.narinari.com/Nd/20100613750.html





2010年12月28日

コメント(8)

あけましておめでとうございます。

東京農大出身者の方が、いろんな酵母、酒米をつかいたがっちゃうというのは面白いですね。
そんな風にいろいろ試しているうちに、新しい境地が開いて
今までに無かった美味しいお酒が生まれるのかもしれないですね。

そうしたご努力のおかげなのか、
最近の若い杜氏さんたちが造るお酒って美味しいです。
2011年01月05日 15時29分51秒  管理人
あけましておめでとうございます。

酒造りの若い職人さんを送り出す教育機関があって、そこの卒業生が
悩みながら、楽しみながら新しい味を開拓していく...
新年早々良い話ですねぇ。

こういう新興勢力と、昔から伝承される杜氏さんたちの酒が切磋琢磨して
日本酒が全体的にドンドン美味くなってくれれば、飲み手としてこんな
有難いことはありませんな〜♪
2011年01月06日 03時51分19秒  tomtom
ごえも〜んさん、明けましておめでとうござます。
農大出身者の蔵っていうと結構思い当たる節がありますね。
あの有名蔵も確か農大出だよなぁ、みたいな。
確かに色々な酒米で造ってますね。
軽自動車もあればエコカーやハイブリッド、
高級車もある、造り手も色々な提案をしてくるわけですから、
飲み手としてもしっかりと飲んでいかねば(笑)。
今年もまたどんな日本酒と巡り合えるか楽しみです。
2011年01月07日 00時01分37秒  ひなちゃん
管理人さま
遅くなりましたー。すっかり二月。旧正月?
そうですね。失敗を恐れて躊躇するという感覚とは、真逆ですよね。
飲み手としては、いろいろな味が楽しめるもんだと思い込んでますけど、
そういう蔵の姿勢はありがたいですよね。
2011年02月09日 17時25分50秒  ごえも〜ん
tomtomさま
すっかりの遅レス、すみません。<(_ _)>
そうなんですよ。すっかり、新しい作り手、30代のひとたちが、いい酒をつくる時代になりました。
昔ながらの伝統技術・・・ってのには、最近すっかり疑問なんですよね。
キモトとか、山卸、山廃・・・、これらには辛口です。(;´▽`A``
2011年02月09日 17時28分14秒  ごえも〜ん
ひなちゃん
そう、飲み手としてはしっかりついていく・・・
執念?(;´▽`A``

福島の酒で、ロ万を最近都内でよく見ますよ。東急百貨店にもありました。
かなーり、いい酒なんですけど、ちょっとお高いんですよね。。。
2011年02月09日 17時30分17秒  ごえも〜ん
ごえも〜んさん、こんにちは。
ロ万、東急にもあるんですか?百貨店にも進出してるんですね。
地元には花泉という越の寒梅的な銘柄もあるんですが、
今ではロ万の方が人気急上昇かと思います。
お値段は他と比較すると確かにやや高めかもしれませんね。
この前も何だっけかな、買おうと思って手に取ったら
四合瓶で2000円超(2500〜2700円位だったかな)だったんで
買わずに売り場に戻したことありました(笑)。
2011年02月09日 21時42分48秒  ひなちゃん
うん。口万、絶好調ですね。
ちょこちょこ変な限定酒も出してるようで、見逃せないです。
2011年09月04日 17時06分05秒  ごえも〜ん
※ログインすると、コメントできます。
メールアドレス
パスワード

[パスワード忘れた][メンバー新規登録]

執筆者:ごえも〜ん
純米酒好き。
好きな酒は飛露喜。

ブログ:いざかやとかほうろうき