トップページ > 日本酒の口コミ一覧

日本酒の口コミ一覧

日本酒の口コミ一覧
黒牛 純米酒
旨い。 私には、理屈抜きに旨いです。 こういうお酒に出会えたことに感謝。
kimi (2017年06月28日 12時53分46秒)
浦霞 純米 夏酒
スポーツドリンクのような軽快で爽やかなミネラル感と旨味、 余韻はほんのちょっぴり苦みを伴ってキレ良くヒケます。 飲み始めて最初は薄いような物足りないような感じでしたが、 中盤から腰の強さを感じて来て、「ああ、なるほど」と思いました。 悔しいほどの夏酒(笑)。 個人的に外飲みではコスパ悪い(飲みすぎちゃう)と思うので、 家飲みで夏のアテと共に飲みたいっすね。
ひなちゃん (2017年06月27日 21時33分44秒)
大江山 大江山 能登の酒
昔の二級酒になります。糖度8.9%で辛口。冷やから熱燗でも一貫して辛口で、温度が高いと酸味が強くなってきます。本醸造の生酒やにごりと比較して、味の違いが非常にはっきりしている。
海の男 (2017年06月25日 21時25分17秒)
黒部峡 黒部峡 純米吟醸 生酒 富の香
純米吟醸を飲んだついでにその生酒も飲みました。生酒のフレッシュ感でうまいと感じますが後味はスッキリ。酸味はあまり感じません。開封から数日経つと苦味が出てきました。
海の男 (2017年06月21日 21時11分46秒)
田酒 純米吟醸 彗星100%
真っ赤な瓶に彗星100%使用表記。 まさかのガンダムネタか(笑)? 含むと真ん中から旨味が浮いてくるが、 外側は研ぎ澄まされたシャープさがあり、 最初に感じた旨味とちょい苦を残して外側から刹那的にフッとヒケていく。 ザ・食中酒ですね〜。何にでも合いそう。 見た目とは裏腹に、 味わいは直球ど真ん中の田酒らしさを感じました。
ひなちゃん (2017年06月20日 21時26分34秒)
黒部峡 黒部峡 純米吟醸
開封したては香りも少なく味も薄い感じでしたが1週間ほど経つと様相ががらりと変わる。味の薄い感じから一変、香りが出てきて旨み渋味苦味がある複雑な強い味に変化してきた。残念ながら香りは私が苦手なタイプですが、苦みのある味が好きな人には良いと思います。
海の男 (2017年06月19日 20時50分59秒)
竹雀 竹雀 純米無濾過生原酒 28BY
平成28年産 竹雀 槽搾り 純米無濾過生原酒 原料米 山田錦(30%)、五百万石(70%) 精米歩合 60% アルコール分 17度以上18度未満 日本酒度 +6 酸度 1.8 純米酒の方がうまいような気がする・・・ まあ好みは人それぞれですね。
criss (2017年06月17日 20時32分48秒)
竹雀 生もと純米無濾過生原酒 岐阜県池田町産山田
酵母無濾過 生もと純米無濾過生原酒 岐阜県池田町産山田100% 今年(?)のお正月、まさに1月1日に仕込んだお酒とのことです。 もうほとんど手に入りません。 倉元の在庫も全部売れてしまいました。 (最後の2本を買ってしまいました(^^;) 精米歩合 70% アルコール分 18度以上19度未満 日本酒度 +6 酸度 2.1
criss (2017年06月17日 20時21分53秒)
風の森 夏のALPHA
開栓しようとするとプシュッとガス圧で栓が飛びそうで ビビりながら開栓。 注ぐとプチプチと細かな微炭酸の様子で見た目から爽快感。 含むとリンゴ飴を感じる甘旨酸っぱさとピリピリ炭酸、 余韻はスゥ〜ッと淡くヒケます。 度数12度なんでゴクッと爽やかにいけますね。 旨いっすね。
ひなちゃん (2017年06月16日 21時39分48秒)
萬寿鏡 萬寿鏡 F60
F60とは何かと調べるとFは普通酒、60は精米歩合でした。普通酒ですが香りが良い。最初はやや甘く感じますが後味は辛め。軽い味わいで飲みやすい。
海の男 (2017年06月15日 20時40分20秒)
富樫の仁 富樫の仁(大日盛?)
歌舞伎の勧進帳で知られる安宅の関近くにある酒蔵の品。黄みがかった色に熟成感のある香り。口に含むと軽くてシャープな酸味が飛び込んできます。程よい香りとともに後には酸味と渋味が残ります。熟成された辛口白ワインのような印象で、油ものやチーズ鱈と合わせても良い。アルコール13%、糖度7.9%です。
海の男 (2017年06月11日 20時33分52秒)
乾坤一 本醸造
スーパーで買い物していて父の日の売り場で発見。 ふと思い返すと本醸造スペックは飲んだこと無かったな、 と思い購入。 含むとスッと軽やかに入って来る、舌触りは瑞々しくサラサラと、 全体的な味わいは辛口ながらも嫌なエグ味やアル添感は全くありません。 これで四合瓶900円(税抜)はコスパ良すぎ。
ひなちゃん (2017年06月08日 21時15分02秒)
女城主 女城主 にごり酒
某国営放送のドラマとは関係ありません。むしろこちらが女城主としては先でしょう。 活性にごり酒で蓋には穴が開いてます。グラスに入れてしばらくすると炭酸の泡が少し出ます。香りは甘くて口に含んだ印象はやや甘いと感じるが、炭酸のせいもあって後味は少し辛口に感じます。フルーツ系の甘酸っぱい感じ。にごり成分を混ぜると若干の渋み。
海の男 (2017年06月07日 21時01分00秒)
一白水成 特別純米酒 良心
念願の一白水成、お取り寄せしました。 特別純米と明記されてるので、普通の純米酒かなと思ってたら、 予想をはるかに上回り。。。 すっきりして吟醸のような飲み口、アル添も無し。 要冷蔵とあったので、冷やで頂きましたが、 とにかく、美味し酒です。 価格設定、低すぎじゃないの、と言いたくなります。 近くに売ってる店が無いのが残念。
ぐんまのたぬきち (2017年06月07日 00時29分06秒)
雪中梅 本醸造
含むと糖質感ある甘味の後にツンと来るアル添感の苦み、 その苦みすら包もうと広がってくる甘味が少しくどい。 量は飲める方ですが、これは一合飲んだらお腹一杯でした。 焼き鳥のタレなんかには合いそうが気がするので、 アテを選ぶ酒です。
ひなちゃん (2017年06月06日 21時59分50秒)
東洋美人 限定大吟醸 地帆紅 
含むと完熟桃を感じる濃密な質感とパイナップル的香味が 交互に織り成されて口の中一杯に広がっていく。 一瞬、香味の推しに派手な印象を感じますが、 ヒケが素晴らしくスッとキレていくので、 スイスイ飲めてしまい、飲む度に幸福感に充足される。 香りの裏に米の旨味がチラホラ見え隠れするのも心憎い。 カチッとしたフォーマルではなく、 個人的にはギャルソンみたいなアバンギャルドな印象。 流石です。旨い! ラベルにはあの13年の災害の日付が印字されてます。 原点であり一歩。感じるものがあります!
ひなちゃん (2017年06月04日 20時48分23秒)
大正の鶴 無濾過生原酒
酸味が一つのアクセントになっていて、飲み干した後の余韻が大変良い。
poyo (2017年06月03日 08時27分27秒)
出羽桜 出羽桜 本醸造
本醸造ですが精米歩合は58%です。辛口ですがほんのり甘く、酸味が少なくてするりと喉を通る。ぬるめの方が甘く感じます。味が濃くもなく薄くもなく、毎日飲んでもいい感じです。
海の男 (2017年06月02日 20時35分42秒)
上善如水 上善如水
飲みやすい。まさに水の如し。 すっと体に染み渡る。 酔ってる時に、上善如水ですってミネラルウォーターを出されても気付かないだろうな。
丼☆ガバcho (2017年06月01日 20時56分49秒)
醸し人九平次 ヒューマン
日本酒のランキングを見たときから気になっていた日本酒。 名古屋市在住としては飲まねばなるまい。 いきなりだが、総評から。 言うほどでもないね。 いやね、これがあまり人気のない酒なのであれば、なかなか面白い味だね。で済まされるワケ。 日本全国に無数にある日本酒の中でここまで評価を得ている現状。 はて、そこまでの味であろうか? ワイン好きの人には評価されるかもしれないが。
丼☆ガバcho (2017年06月01日 13時53分29秒)
さぶろう さぶろう 純米酒 生酒
裏のラベルは「純米酒」だが表のラベルは「しぼりたて 純米吟醸生原酒」。どちらが正しいのか? ラベルに酉と書かれた金箔入りの正月仕様です。糖度11.1%。最初の印象はやや甘めで麹の香り?がかなり強く感じられます。後に残る酸味と渋味が少々。
海の男 (2017年05月29日 20時44分45秒)
月桂冠 純米大吟醸 鳳麟
飲むまでは勝手な妄想で甘くて香りムンムンなイメージ持ってましたが、 飲んでみるとそうでもなく、むしろドライに仕上がってます。 味わいのボリュームは濃醇な感じなんで、 塩振ってサクッとしたキノコや山菜の天ぷらなんかとも合う。 濃醇辛口は個人的に苦手ジャンルなんですが、 ちょっとその域にタッチしてますね。 もう少し濃醇な感じを抑えた方が好み。 とはいえ普通に美味しい、と言える。 肩肘張らず純米大吟醸をサラッと食中で飲む、 そんなシーンに良いと思う。
ひなちゃん (2017年05月27日 20時46分47秒)
九郎右衛門 十六代 九郎右衛門 特別純米 ひとごこち 夏生
含むと爽やかなピチピチ感とグレープフルーツっぽい甘苦み、 夏酒と謳って単に低アルにするのではなく、 逆に夏には何が良いのかと考えてこの味を醸し出した、 そんな風に考えさせられる。 初めて飲みましたがマジ旨いですね。 これはお勧めです。
ひなちゃん (2017年05月26日 23時23分35秒)
北美雪 北美雪 吟醸
以前に2本買い、買ってすぐと半年後で味比べしました。時間が経つとかなり味が良くなりそうだったので今回は買ってから1年ほど置いた品を味見。 開封直後は淡麗辛口というか味があまりない感じでしたが1週間ほどするとかなり味が出てきた。糖度は9%でかなり辛口の部類ですが、強いうまみが出てきました。
海の男 (2017年05月25日 20時32分49秒)
酒田錦 吟醸原酒(開成町)
神奈川県には13の蔵がある(2017年時点)。販売量の関係から、手に入れずらいのが、この瀬戸酒造である。今回は、横浜高島屋で購入出来た。ネット情報では、この蔵では製造しておらず、他社が醸造しているとのこと。封印を開封したが、プラスチック製のキャップが出てきて少しビックリ。さてお味は、一瞬だけ、アルコールぽい感じもしたが、すっきりとした辛口の吟醸酒に仕上がっていた。グラス2杯程で、開成町のアジサイを思い出しながら眠りについた。
井坂酒蔵 (2017年05月25日 19時29分17秒)
房島屋 兎心BLACK 純米吟醸 無濾過生原酒
シュワッと極め細やかなガス感と共にオリの甘味が圧されて出てくる。 喉を通るたびに甘味がふわりふわりと口内に広がります。 シュワ感は余韻まで残り、炭酸由来のドライさと苦みを伴って キレ良くヒケていきます。 スタイリッシュにサッと飲みたいと思わせる。
ひなちゃん (2017年05月24日 21時59分20秒)
華一風 純米大吟醸
青森県産米、米麹 精米歩合40% アルコール分15度以上16度未満 日本酒度+2、酸度1.5 弘前の地酒、玉田酒造店さんの純米大吟醸 香りは華やかですが、飲み口はちょっと硬い感じ。スイスイ入っていく感じではないですが、じっくりと、ちびりちびりやるにはピッタリだと思います。
レッドジャケット (2017年05月21日 11時54分10秒)
賀儀屋 賀儀屋 純米生酒 SEIRYO ORION
開けたての印象は甘うま酸っぱくって味が濃いながらもフレッシュ感もありとてもうまい。香りはあまりありません。日によって印象が変わり少し辛口に感じることもありますが、基本は濃厚なうまみと酸味のバランスが良い酒です。
海の男 (2017年05月19日 20時42分54秒)
香梅 東京駅
東京駅のお肉屋さんで香梅さんの峻を見つけ思わず入店! 香りよし、旨みよし、満足! そして米沢牛サイコー!! 贅沢しちゃいました。
ノンべえ (2017年05月19日 13時30分36秒)
宝寿 本醸造
冷だと甘さを感じる、ちょっと癖のある味。燗すると、生もとのような酸味がある。
オクトーバ (2017年05月18日 09時00分12秒)
たかちよ Takachiyo 59 CHAPTER SIX 
 南魚沼市と言えば、魚沼産コシヒカリ、酒蔵の御三家と言えば、”八海山酒造”、”青木酒造(鶴 齢)、そして”高千代酒造”。  前者の2蔵と比べると、全国区では無いような気もしますが、新潟旅行の際、飲んだ事のない蔵でしたので、 ”Takachiyo 59 CHAPTER SIX MIYAMANISHIKI 純米吟醸生原酒 500ml (冷蔵) ”を購入。  ネットで外観を見て頂くと分かりますが、味はラベル通りの印象で、ワインのような味わいで、鍋島や 写楽を連想させる上品な甘味のあるお酒です。 今時の日本酒と言うか、女性に、人気が出そうな味で、贈り物にしたら喜ばれそうです。もはや どの都道府県にも、このような新進気鋭*の蔵があるんでしょうね。 *飲んだ味からの個人的な想像です。
井坂酒蔵 (2017年05月17日 22時13分51秒)
真野鶴 真野鶴 辛口純米酒
日本酒度プラス15度以上と書いてあるだけあって、かなりの辛口です。糖度は7.5%で私が今まで飲んだ酒で最も低い。淡泊な白身の刺身や濃厚なつまみなど何か合うものはないかと色々試しましたが、私としてはどれとも合う酒ではない。かといって単独で飲むのも厳しく、よほどの辛口好きでないと無理かも?
海の男 (2017年05月15日 20時26分39秒)
朝日山 朝日山 純米
精米歩合65%の純米酒です。辛口です。冷やから温度が上がるにつれ酸味が強くなる。味わいはあるが酸味が強すぎて邪魔。ラベルには常温からぬる燗が良いように書いてあります。
海の男 (2017年05月13日 21時26分31秒)
月桂冠 特別純米酒 山田錦
日本酒が急に飲みたくなり、近くの ローソンで購入。数少ない純米酒であり、迷わず購入したが、結果的に大失敗。 平凡な平板な味。水っぽい。と、いうか純米酒に水を上から混ぜるとこんな味になるのだろう。 正直500mlで800円も出すような酒ではない。
神戸在住 (2017年05月12日 22時28分41秒)
寿萬亀 純米大吟醸
華やか薫りとこくの有る深みがあります。 エグ味はなくすっきりしてます… だだトゲトゲしさが有り…飲み難いです。 酔いかタはゆっくりで、優しい感じです。
ライジン (2017年05月12日 22時14分26秒)
金紋会津 里の泉 原酒 
原酒らしく力強い甘味が押せ押せでくる。 薬膳香草的な複雑な香りもある。 個人的には許容範囲ですが、 人によってはちょっと濃くて、もたつきを感じるかも。 奥会津らしく味のある乾物と合わせてみたいかな。
ひなちゃん (2017年05月11日 20時38分12秒)
会津中将 純米吟醸
含むと香り華やかな吟香、軽やかなマスカットを感じながら、 甘味がフワリ。香味の推しがやや強めにも感じますが、 キレ良くバランスが良いのでくどくは無く、むしろ旨いと感じる。 純吟としてスタンダードな印象もあるが、 そこに注目すると更に旨さを感じる気がする。
ひなちゃん (2017年05月10日 21時32分49秒)
喜多の華 純米
冷やして飲むとスッキリしすぎて少し薄く感じますが、 温度帯が上がるに連れて旨味が出てきます。 余韻はジワッとドライ感、ちょっと個性に薄い気もしますが、 食に寄りそうと言えば寄りそう味。 もう少し味わいの幅が出る方が好みかな。
ひなちゃん (2017年05月10日 21時10分50秒)
真澄 真澄 純米吟醸 山廃造り 吉福金寿
山廃仕込みの純米吟醸です。開封直後は甘く感じましたが翌日以降は徐々に甘さが減り、少しの酸味と深い味わいが現れてきました。「鰹や鮪等の赤身魚、ウナギの蒲焼と一緒に」とラベルにあったので焼肉と合わせましたが、香りもあってしっかりした味があるので違和感なく楽しめました。
海の男 (2017年05月10日 19時51分32秒)
益荒男 山廃純米 無濾過生原酒
能登の山廃マスター・農口杜氏のDNAが息づいているのでしょうか、派手な香り等は無くて酸味の効いたぶ厚い旨みに圧倒されます。 開栓後、冷蔵庫貯蔵しつつ3週間ほどかけて呑みきりましたが、甘ダレなど一切なし。 アテの豚ロースの醤油麹焼きにドンピシャ。 まさに「頼れる兄貴」といった印象です。
左党 (2017年05月10日 00時50分29秒)
弥右衛門 純米
何気に10年以上ぶりに飲む。 含むとスッキリ、ライムやレモンをイメージさせる香味。 酸は仄かに極弱めに、優しく柔らかい。 前飲んだ時はもう少し力強かったような気がしますが。 そっと食に寄りそうような味わい。 会津は喜多方、山の幸と共に合わせてみたい。
ひなちゃん (2017年05月08日 21時50分19秒)
国権 にごり酒
オリが結構絡んでますが、オリの風味が強すぎることなく、 米の旨味と甘味がきちんと感じられます。 結構綺麗でスッキリとした味わいに仕上がっており、 食前酒にスッと1〜2杯飲るのが良いでしょう。
ひなちゃん (2017年05月08日 21時21分28秒)
一ノ蔵 一ノ蔵 無鑑査 本醸造辛口
平成の初期まで日本酒に1級2級などの等級があったのを変えるきっかけになったと言われる酒です。等級が高いと税金が高いため、良い品でありながら敢えて等級鑑査を受けず安く市場に提供していたのです。醸造アルコール使用でありながら米由来のアルコールなのでほぼ純米酒です。 肝心の味は冷やだと後味にえぐみが残る。温めてもアルコールが強く室温が良い。香りはあまりなく味も薄い。時代を変えた味という感じはなく、最近の酒がうまくなったということでしょうか。
海の男 (2017年05月07日 20時35分50秒)
会津栄川 大吟醸 石田三成
この栄川は「エイセン」ではなく、「サカエガワ」と呼ぶ方ですね。 蜜リンゴのようなカプロン系の甘味と吟香、旨味も厚みがあり、 余韻はやや苦渋を伴ってヒケます。 綺麗なアウトラインの為、スルスル入っていきます。 馬刺しと合わせてみましたが、 意外と辛し味噌の風味とも合いますね。
ひなちゃん (2017年05月06日 20時32分43秒)
喜楽長 特別本醸造 無濾過生原酒
お呼ばれ先で天然本芹をたっぷり使った豚シャブをアテにいただく。 ツンツンしたアルコール感もなくいい感じ。 毎年6月の酒舗清水屋さん主催の利き酒会にはここが使っている琵琶湖の伏流水も提供されていて、この水が本当に旨い。喜楽長のブースで社長さんにそれを伝えると「水だけですかあ?」と言われちゃうんですが、当然酒も美味いですよ。
左党 (2017年05月06日 20時14分39秒)
九郎右衛門 十六代九郎右衛門 生酛 特別純米 信州産金紋錦 生
同じようなラベルの酒を何度も投稿していますが、今年から生酛造りになりました。 あまりにも待ち遠しかった酒なのでまだ呑んでないけれど、最適なタイミングで開けたいと思ってます。
左党 (2017年05月06日 19時52分17秒)
若駒(富山県) 若駒 本醸造 しぼりたて生酒
去年純米の原酒を飲んだので今年は本醸造原酒で。味は薄目になるかと思いきや、かなり濃厚で甘口の品です。糖度は昨年の純米原酒より1%ほど高いので今年の出来が良いのか? 甘いだけではなく香りや味もしっかりあってお勧めです。が、入手困難ですぐに品切れになるようで来年まで待つしかないか…。
海の男 (2017年05月04日 21時23分21秒)
越乃梅里 越乃梅里 特別純米
飲みやすく、スッキリとした、甘口の酒。 想像する新潟の辛口とは、違う。
オクトーバ (2017年05月04日 08時53分49秒)
御湖鶴 純米
知人の焼き鳥屋ではレギュラーとして常備されています。 冷蔵庫から出したばかりは少し硬いというか味の広がりも少ないような印象ですが、焼き鳥が焼きあがるころには少し温度が上がってきて、アテとよくマッチします。あくまでも主張を消して食事の旨さを後押しする感じ。 個人的には純吟や純大吟より、純米酒を食中に合わせるのが好きでした。 内実は全く知りませんが、無くなってしまうのは残念な事です。
左党 (2017年05月02日 13時07分09秒)
出羽桜 出羽桜 誠醸辛口
精米歩合65%の普通酒です。ほのかな香りと甘さで、変な酸味や雑味がありません。後味もスッキリで飲みやすい。ラベルには「地元還元酒」の記載。懐にも優しい。燗にすると良いそうですが、アルコール感が強く感じられるため私は室温程度が良いと思いました。
海の男 (2017年04月29日 22時09分42秒)
北鹿 大吟醸 北秋田
酒質はスッキリ、ほんのりふくよかなリンゴ香が絡まった いわゆる大吟醸な味わい。 とげとげしいところは無く、ほっこり優しいので、 浸み渡るようにスゥ〜ッと飲めますが、 そんなに甘味が主張する訳ではありません。 ヒケはちょっとエグ味というか、 ん!?と思う、甘渋苦が出てきます。 「いわゆる大吟醸」的なところが否めず、 味わいの振れ幅が物足りないです。
ひなちゃん (2017年04月28日 21時02分14秒)
澤屋まつもと 守破離 雄町
開栓時は変わらずガス感がありシュポンと。 含むと、周りを削ぎ落として酸が浮かび上がるような、 らしさある味わい。雄町のせいか、山田錦より味わいがスリムですが、 とはいえワイルド感があるように感じます。 ライムを搾って炭酸水にチョコンと垂らして飲むような、 そんなスタイリッシュさがある。 サラダから揚げ物、煮物、洋風なアテにまで オールマイティーに何にでも合いますね。さすが。
ひなちゃん (2017年04月28日 20時32分44秒)
たかちよ 豊醇無蓋 扁平精米 おりがらみ
いわゆるブルーボトルと呼ばれるものでしょうか。 注ぐとオリが結構絡んで真っ白ですが、 見た目ほどオリの甘さは感じません。 むしろオリの甘味と旨味が上手にバランスしており、 そこに爽やかスポーティーな酸味も相まって、 そのバランス感に感動を覚えますね。 あっという間に四合瓶が空になっちゃいます。 これは旨いっすね。素晴らしい。
ひなちゃん (2017年04月27日 21時36分53秒)
満寿泉 満寿泉 辛口
辛口とラベルに書いてあるだけあって、今まで飲んだ満寿泉の中でも特に辛口に感じます。口に含んだ時には旨みが広がります。後味はキレの良さと少しの渋みで更に辛口に感じます。脂ののった焼き魚や白エビのかき揚げがいいな〜。
海の男 (2017年04月26日 21時27分06秒)
秋鹿 純米吟醸 無濾過火入原酒 大辛口
含むと鼻からスンと抜ける米っぽい吟香と ライトな口当り、キュっと締まるレモン様の爽やか軽快な酸味。 流麗な質感からホッコリ出てくる干物っぽい熟感というか 青草のような、木香のような、複雑な香味もある。 大辛口原酒とあるが、そんなに重さは感じず、 適度なドライと米の旨味。 刺身などの魚系生食よりは、 煮物や揚げ物など油質感あるアテの方が合いそうな気がします。 ガシッと飲みたい時のアテ選ばずの万能酒ですね。
ひなちゃん (2017年04月25日 22時02分57秒)
吉乃川 極上吉野川 吟醸
さわやかな良い香り。口に含むと甘く感じる軽い旨み。後味が軽いスッキリとした辛口です。クセがなく香り高くうまい。「別嬪な酒」と言いたい。
海の男 (2017年04月23日 20時59分42秒)
伝心 純米吟醸 雪
甘さと酸味が主張しすぎない。一瞬辛口かと思わせるような苦味が舌の上を走り去っていきます。後味はスッと消えていきます。 スイスイいけてしまうので、飲みすぎご用心かも。。
ちりー (2017年04月21日 00時12分58秒)
風の森 ALPHA type1
タイプ3で調子に乗って購入。 すいません、私には合わない味でした。同じアルファとは言え、結構性格が違うものですね。タイプ3はスイスイ飲めたのに、こちらは酒が進まず。 初日は1合で止めてしまいました。2合飲むにはあまったるいかな。。 2日目、別の酒を1合飲み、食事の後にデザート感覚で飲むと 甘ったるいのは同じなのですが、思ったよりスイスイ。 タイプ1は晩酌ではなく、これだけで味わいながら飲むべき酒なのかなーと思いました。
ちりー (2017年04月20日 01時08分39秒)
風の森 風の森 ALPHA TYPE3
まるでシャンパンのような開け方でビックリ。開けるとフルーティで リンゴのようなあま〜い香り。個人的に辛口好きなのでイヤ〜な予感。。 飲んでみてさらにビックリ。予想を大きく裏切り、ものすごく美味い。 晩酌で4合飲み干してしまいかねないので、 2合で自らストップしました。結局翌日に残り全部飲んでしまいました。 火入れアリと書いてありますが、それを全く感じさせないお酒でした。
ちりー (2017年04月20日 01時02分07秒)
桃川 吟醸純米酒パック
近所のスーパーにて購入。900mlで1000円近くしたので、紙パックにしてはお高め。味は辛口というよりは中口に近いかな。吟醸香もあり、紙パックとしてはかなり美味い。ただ高清水辛口パックの後だったせいか、コスパはいまいちだな〜と思ってしまいました。
ちりー (2017年04月20日 00時57分05秒)
高清水 辛口パック
日本酒での晩酌を始めるにあたって、最初に購入した酒。 辛口で安くてそこそこうまい。900mlで700円台は良いコスパです。 ただ3日連続だと少し飲み飽きてたかな。。 そこそこのパンチ力はあるけれど、何か単調な所も。 パック酒なのでアレコレ求めすぎてはいけないですね!
ちりー (2017年04月20日 00時51分46秒)
浦霞 本醸造 からくち
スパッと切れの良い辛さで、止まらなくなるうまさ。 決してお上品な味ではないけれど、晩酌にうってつけです。 近所のスーパー等で4合瓶1000円台で買える安さも魅力。
ちりー (2017年04月20日 00時46分38秒)
高清水 高清水 純米大吟醸
フルーティな日本酒が苦手な私でもスイスイ飲める。 純米大吟醸なのにコンビニで1300円台で売ってるコスパの良さ。 手軽なのに美味しいですよ。
ちりー (2017年04月20日 00時43分07秒)
川鶴 特別純米 Wisdom〜継承〜
キュッと引き締まるレモン様の香味、仄かに甘味もありますが、 酸もピリッと添えられて更にタイトな引き締まりを感じます。 もずく酢やカツオのタタキなどさっぱりしたアテと合いそうです。 食が進み、場が和む酒ですね。
ひなちゃん (2017年04月19日 21時17分13秒)
亀の海 酒舗清水屋別注 非売品
木島平村産金紋錦 純米大吟醸 袋つりうすにごり生 テロワール キジマダイラ プレミアム キュヴェ 興味の無い人からすればほぼ呪文レベルの言葉の羅列ですが、コチラの常連さんならば凄さがわかっていただけると思います。 酒舗清水屋さん発行のポイントカードをコツコツと埋め続けること5枚、ようやく到達していただいたご褒美は素晴らしいモノでした。
左党 (2017年04月19日 20時04分00秒)
黒澤 生酛 純米にごり酒
ラベルに記載はないけれど、「ひとごこち」と「美山錦」という、長野を代表する二大酒米のブレンドです。 「にごり酒」というと甘くて少々野暮ったい味を想像してしまいますが、コレはなかなかキリッとした辛口で、グレープフルーツのような苦味が心地よく、次の一杯が欲しくなる。 価格もリーズナブルでありがたい限りです。
左党 (2017年04月19日 19時43分47秒)
赤武 AKABU 純米 NEW BORN
仄かなオリの甘味もありながら、しっかりフルボディでジューシー、 酒質は瑞々しく、取れたての果実のようにたわわにプルンと。 アウトラインはエッジが利いておりソリッドにメリハリある。 ガス感もありミルキーなフレッシュさも感じられる。 アテも選ばず万能な感じ。 むぅ〜、これは旨いぞ! ラベルは戦国時代ですが、味はモダンですね(笑)。
ひなちゃん (2017年04月18日 21時52分04秒)
横山五十 純米大吟醸 山田錦 直汲み 生
初めて飲みます。含むと滑らかスルリ、 ジューシーな洋ナシ果実香と甘味がゆるゆると口の中一杯に 広がっていきます。 甘味が濃いかなって思った瞬間に、 仄かにピリッと白ワイン的な酸が出て来て 上手にバランスしてます。 香りと甘味とのバランスがすごく心地良い。 旨いっすね〜。 以前、田中六十五という銘柄を飲みましたが、 似たような名前で何か関係があるのでしょうか?
ひなちゃん (2017年04月17日 21時36分25秒)
菊水 菊水 にごり酒 五郎八
違和感のある味と香りが調和せず、まとまりがない。アルコール分が21%と高いのでそれほどとは思わないが、甘口が多いにごり酒の中でもこれはかなり甘い。糖類と酸味料を加えてまとめようとしているのだろうか?糖類や酸味料を加えたにごり酒は試したことはあるが、とても飲めるものではない。
海の男 (2017年04月17日 21時09分48秒)
龍力 純米ドラゴンエピソード3
地元の酒屋さんで勧められて、購入。 29.02。 あるテレビ番組にて、山田錦の神様と呼ばれる「本田会長」。 どんな酒を醸すのか、と思っていましたが、 飲みやすくて「いかにも純米酒」、という酒でした。 コスパも想像以上で、美味かったです。 ドラゴンシリーズは他にもあるので、ぜひ飲み比べてみたい酒です。
ぐんまのたぬきち (2017年04月16日 19時33分55秒)
東光 上撰 純米
東光が、今年の4月から普通酒を廃止して、すべてを特定名称酒にしたということで、山形出張の際に地元で愛飲されるという上撰を購入。 純米酒が2,000円程度の価格で買えることもすごいが、味わいもすっきりした純米で飲み易かった。
相馬 (2017年04月12日 16時28分29秒)
夜明け前 特別本醸造 辰の吟
本醸造でありながら、山田錦(おそらく長野産)100%使用で60%精米との明示がウレシイ。 ツンツンするアルコール感は一切なく、ひたすら優しくじんわり染み込んできます。 ヘンな話、コイツがあれば純米も純吟もいらなくなっちゃうかも(笑) 「澤の花」「喜久酔」「磯自慢」などもそうですが、本醸造が旨い蔵元はそれだけでなんとなくファンになっちゃいます。
左党 (2017年04月10日 20時46分29秒)
加賀鶴 加賀鶴 純米酒
あまり知られていない酒蔵ですが、金沢で400年以上の歴史がある蔵です。辛口ですが酸味が少なくまろやかで柔らかな印象です。香り、味共に熟成感のある味わいです。温めたのよりは冬場の室温程度(15-20度)が適温か(私の好みです)?
海の男 (2017年04月09日 20時57分55秒)
天吹 純米吟醸 雄町 なでしこ酵母
程よい甘さとすっきり感が好きです。 料理とでも酒だけでもオールマイティーにいける。
yd (2017年04月06日 22時02分47秒)
酔鯨 酔鯨 純米吟醸 生酒
精米歩合50%です。純米吟醸の生酒。開けてすぐはピリリとした感じがありますが、次の日にはそれもなくなる。辛口でスッキリとうまいことはうまいのですが、ちょっと物足りない。 赤いラベルもありますが、何が違うんでしょうか?(後日、生と火入れの違いと判明)
海の男 (2017年04月05日 21時10分10秒)
ひめぜん ひめぜん
これは...どうやって造ってるんだろ? 甘さは自然で、無理に着香したような感じもない。 お米の味はけっこう残ってて、和食にも合う。うーむ。 おもしろいなー これも”アリ”か? 何より、ちょっと不思議だけどおいしいし(笑)
tomtom (2017年04月05日 09時53分39秒)
御日待家 吟醸 生
地方出張の折に入った酒屋で見慣れない銘柄発見、 と思いきや開運の土井酒造とは。興味津々で購入。 タッチはスゥ〜ッとスムーズに入って来る、 そこから流れるように広がる生のフレッシュミルキーな甘味、 中盤から柔らかガス感ピリリと顔を出し、 余韻はふと気づいたらいなくなっているかのように 存在感だけ残してヒケていきます。 最初は味が濃くて甘味が強いかな、とも思いましたが、 キレが良いのでバランス良く飲めます。
ひなちゃん (2017年04月03日 20時55分24秒)
大江山 大江山 夏のにごり酒
4月なのに夏のにごり酒?昨年出た品を今頃になって飲む。 Alc19%,精米歩合68%なので本醸造でしょう。上澄みはしぼりたてのような濃厚な甘口。にごり成分を混ぜてみると炭酸が少し復活し、少し辛く感じる。実際に糖度は低く、しぼりたてに対して2%ほど低い値です。 ホームページを見ると300本限定の品のようですね。
海の男 (2017年04月03日 20時38分34秒)
末廣 純米吟醸 無濾過原酒
ほんのりイチゴとリンゴの香り、原酒ですがさほど重たさは無く、 逆に無濾過らしく旨味とオリが奏でる複雑なテイスト。 しっかりとした腰の強さでアテを受け止めてくれます。 余韻はシャープでやや渋みを伴ってキュッと締まってヒケます。 馬刺しと一緒に飲りましたが、やはりイケますね。
ひなちゃん (2017年04月02日 22時22分04秒)
来福 来福 純米酒 初しぼり 生酒
精米歩合59%なのに吟醸を謳っていない。フレッシュで旨みと酸味のバランスが良い。味は甘みがあり、やや濃いめ。スッキリとして飲みやすい。
海の男 (2017年04月01日 20時46分54秒)
ゆきくら 越後 ゆきくら 玉風味 大吟醸原酒 限定品
雪中2年貯蔵の限定品を頂きました。 バナナの糖質を感じる甘味と香り、 熟成と原酒が織り成すライトなブランデーのような熟感、 余韻はピリッとドライが強めに出て来て、 少し苦みも伴ってキレていきます。 思ったより骨太ですので揚げ物・フライなんかにも合います。 箱・ラベル等の装飾に身構えてしまいますが、もったいぶらず、 楽しい宴のアテと一緒に飲みきるのが良いですね。
ひなちゃん (2017年03月31日 20時47分16秒)
大那 大那 純米吟醸 吟のさと 無加圧搾り
大那 純米吟醸 吟のさと55 無加圧搾り 無濾過生酒 28BY  仄かに青林檎様の香り、すっきり爽やか。 やや酸が立気味のタイトな口当たり。 甘酸っぱい果実味主体に旨みも伴うバランスの良い味わい。 序盤から程好くふくらみ、シュッと早い収束。 後口のキレが鮮やか。 よく言えばギュッと辛口、悪く言えばやや厳しい味わいの土佐酒のようなイメージだった大那ですが、 このお酒はボリュームもあって酒だけで十分楽しめる味わいです。 しかし、入口と退けのスピード感のある味の感じさせ方はこの銘柄ならでは、ですね。
富牟谷欠 (2017年03月31日 20時07分16秒)
元文 生原酒はおすすめ
毎年、3月下旬に発売される「生原酒」は、呑みやすく後味すっきり。料理に合う酒です。近所のレストランでも勧められました。毎年、これができる頃、春スキーのついでに美濃白鳥まで買いに行きます。
たのちゃん (2017年03月31日 16時52分04秒)
久保田 萬寿
カビ臭が少し気になりますが… 旨みはあります♪ 本当に旨い
ライジン (2017年03月31日 00時12分20秒)
不老泉 不老泉 山廃純米吟醸 中汲み 無濾過生原酒
不老泉 山廃純米吟醸 山田55 中汲み 無濾過生原酒 27BY 僅かにキャラメル風なニュアンスの香り、含むと穀物感や酸のにおい。 丸みを帯びつつもタイトな酸が主張する口当たり。 甘味少なくドライ。酸の主張に続いて苦みやコクがぐぐっと盛上る。 ゆっくりと退けていき、ある時点でスッと終息。 横坂杜氏の2年目の作、1年と少しの熟成。 旨いです。これで1年?というくらいかなり熟れて、ボリュウムたっぷりです。 開け立てはやや酸が立気味でしたが、だんだん円やかさが増していきました。
富牟谷欠 (2017年03月30日 22時46分14秒)
満寿泉 カメ一号
満寿泉の甕仕込みの品です。精米歩合50%の純米。もはや大吟醸。それなのに…。 今回飲むのは2本目ですが、初回の印象があまりに酸味が強く劣化した品かと思うほどでした。たまたま悪い品に当たったのかと思ったのですが今回も同じ感じなのでこんな物と思っての投稿。 酸っぱいだけあって酢の物と一緒ならいいか?甘みと酸味が強いので炭酸と割ってもいいかも。他の品は今まで味のバランスが良かっただけに残念な感じです。
海の男 (2017年03月30日 20時22分03秒)
日高見 純米吟醸 しぼりたて生
開栓直後はキュッと締まる初々しい青リンゴ的な爽やかな香味と酸が 印象的です。数分すると若々しさが丸くなり、 トロリとした甘味・旨味が主張してきます。 青リンゴの香味と後半出てくる甘味のバランスが良く、 ヒケは日高見らしくドライでキレも良い。 酒単体での満足感は高いと思いますが、 ややもすると香りが少し強めの気がしますので、 人によって好みは分かれるかもしれません。
ひなちゃん (2017年03月27日 21時44分27秒)
奥能登の白菊 奥能登の白菊 純米吟醸
甘くて濃くてまろやかな味わいの酒です。アルコールは16%ですが加水ナシの原酒らしいです。発酵を抑えてうまみ成分を多く残しているとか。甘口に感じますが糖度は11.6%でそれほど高いとも言えず、うまみが多いことが分かります。
海の男 (2017年03月27日 20時38分43秒)
六根 純米吟醸
アルコール分16度 精米歩合55% 一口含むと、じんわりと旨みが沁みてきて、スルッと飲み込むとふわっとと腹に広がる感じ。どこか懐かしい、自然な感じのするお酒です。
レッドジャケット (2017年03月26日 14時52分39秒)
山間 うま
うまし
ノンべえ (2017年03月26日 13時36分49秒)
東北泉 うま
うまし
ノンべえ (2017年03月26日 13時34分35秒)
天鷹 大吟醸 絆
タッチは滑らかにスルッと入って来る、 そこからメロン様の高貴な吟醸香が鼻から上品に抜けていく。 ザ・地元の大吟醸、地元の集まりで来賓をもてなすなら こんなお酒だろう、そう思わせる地元のネームバリューとエレガントさ。 これぞ日本酒の醍醐味なんだなぁ。 絆とは良く言ったもんだ。
ひなちゃん (2017年03月24日 21時32分14秒)
陸奥男山 陸奥男山 CLASSIC NOUVEAU
普通酒の生酒ですがフレッシュ感が強く非常にうまい。口に含むと一瞬甘く感じますがキレの良い辛口です。これで2000円というのはお買い得です。
海の男 (2017年03月24日 20時33分41秒)
菊姫 先一杯
わはは...美味い! 米の味が濃厚なのに、香りがフレッシュで飲み口は軽い。 一杯というよりも、ナンボでも飲めてしまう。危険だ。 菊姫にしたらとてもお得なお値段だし。
tomtom (2017年03月23日 02時48分32秒)
久保田 千寿
かなり久しぶりに飲みました。 キュッと引き締まるタイトでドライな質感、 しかしながら締まった中心には乾いた瓜系の香りと旨味があります。 ヒケは雑味・エグ味無く、らしくシャープに。 ちょっと見ない間に大人になった女の子を見たような、 そんな感動を覚えました。旨いっす。
ひなちゃん (2017年03月21日 22時07分30秒)
遊穂 遊穂 山おろし 純米(生酛純米生酒)
「ゆうほのゆうき」と書かれた純米の生酒です。フレッシュ感と味はあるが酸味が強すぎる。温めると少しまろやかに飲みやすくなる。
海の男 (2017年03月19日 20時53分21秒)
 純米吟醸 肴ラベル
精米歩合55% アルコール分15度以上16度未満 「品のいい含み香と、角の取れたしなやかな味わい。食材を選ばず楽しめる優雅なコクとキレが冴える逸品。」 飲みくち、爽やか。食中酒に最高です。津軽の酒たちは奥が深い。
レッドジャケット (2017年03月18日 11時31分12秒)
七重郎 純米吟醸 無濾過原酒
袋吊り・しぼりたて うすにごり生原酒 精米歩合55% 日本酒度+2 酸度1.4 アルコール分16度  百万石100%を原料米とした、生原酒。荒々しいフレッシュでパンチの効いたうすにごり酒です。旨みと、酸味が良くマッチして、飲んだあとの充実感が秀逸です。
レッドジャケット (2017年03月18日 11時23分03秒)
真鶴 真鶴 生もと 特別純米酒
山廃仕込みのお酒は良く飲んでいましたが、今回は生もと仕込みを購入。 柔らかな口当たりながら、しっかりしたお米の旨味と、心地よい酸。 口に含んだ後、鼻に抜ける香りがほんのり芳ばしい。 何とも食欲をそそります。 お燗にもぴったりですし、もう少し放置してからも楽しんでみたいと思います。
ぶーいち (2017年03月17日 21時54分39秒)
天鷹 純米大吟醸 心 生
冷やして飲むとキラッと輝くシャープなエッジ、 米の旨味をどーんと感じたと思ったら、 ほんのりストロベリーの香気、 ギュッと搾りたて柑橘の爽やかな酸もある。 ヒケのキレも良く、キリリと締まる。 香味のバランス良く、食に寄りそう美酒ですね。 栃木県は大田原、那須から降りてくる清涼な空気と、 ナチュラルフード、イタリアン、大田原牛など テラス席で日差しを浴びながら飲み尽くしたい。
ひなちゃん (2017年03月15日 21時31分21秒)

次の100件を表示