トップページ > 長野の日本酒 > 湯川酒造店 > 九郎右衛門

九郎右衛門の口コミ

九郎右衛門の口コミ(8件)

日本酒口コミNo.6693

生らしいフレッシュな甘味とバナナ香、オレンジ的酸が穏やかに。
中盤から余韻にかけて味わい・質感をしっかりと感じながらヒケます。
東条山田を使いながらもしっかりと「らしさ」を出していると思う。
何だろう、素直に旨い。
ひなちゃん (2018年05月09日 21時23分33秒)

日本酒口コミNo.6526

晩白袖のような柑橘系の濃いめの甘旨味アタック、
原酒の力強さ、でもキュッとキレ良くヒケる。
「変わらず気取らず普段呑みに」と裏ラベルにある、
なるほど確かに、旨い。
ゆるゆるだらりと味わいたい、そんな魅力のある香味、
なんだろう、派手さは無いがセクシーだ(笑)。
ひなちゃん (2017年10月11日 21時32分57秒)

日本酒口コミNo.6424

含むと爽やかなピチピチ感とグレープフルーツっぽい甘苦み、
夏酒と謳って単に低アルにするのではなく、
逆に夏には何が良いのかと考えてこの味を醸し出した、
そんな風に考えさせられる。
初めて飲みましたがマジ旨いですね。
これはお勧めです。
ひなちゃん (2017年05月26日 23時23分35秒)

日本酒口コミNo.6401

同じようなラベルの酒を何度も投稿していますが、今年から生酛造りになりました。
あまりにも待ち遠しかった酒なのでまだ呑んでないけれど、最適なタイミングで開けたいと思ってます。
左党 (2017年05月06日 19時52分17秒)

日本酒口コミNo.6152

九郎右衛門 特別純米 十三度台九郎右衛門 ひとごこち60 生原酒 27BY
シュワっと爽やかグレープフルーツ様の爽快感。
極々僅かにもやっとする。
セミドライ、散りばめられた様な甘みと旨み、穏やかな酸味。
さらふわ軽やかな退き際、ほろ苦が効いて後口さっぱり。

昨年のはわりと明確にツワリ香がありました。今年は完全にゼロじゃないけど殆ど感じられません。
何かに似ているなぁ、と頭を反芻させたところ、ALPHA1でした。
でもアレに特異な、終盤の飴みたいな甘味がないのでキレがいいですね。
富牟谷欠 (2016年09月01日 22時20分13秒)

日本酒口コミNo.6116

昨年から展開されている「九郎右衛門」の低アルコール生原酒。
がっつりジューシーな特徴を残しながら、とてもスッキリした後口です。
行きつけの酒屋のお姉さんに「一瞬で消えてしまうでしょうね(笑)」と言われましたが、ハイ、その通り。
「日本酒をシッカリ呑んだ」という満足感があるのに、次の日全然残らないのが素晴らしいです。
左党 (2016年08月02日 20時30分22秒)

日本酒口コミNo.5808

26BYの生酒です。新酒の時点の物も呑んでいます。果実香と微々発泡感が特徴のジューシーな味わい。上手く表現出来ませんが、口の中が「ジュワッ」ってなるんです(笑)。
およそ半年ほど冷蔵庫で貯蔵すると、かなり角が取れて落ち着いてきました。甘味も増してこれもまたよし…というかこちらの方が飲み飽きしませんね。
後口は「キレ」というより余韻を残して拡散していく感じ。キレイなお姉さんが去り際に軽く振り向いてくれたようです。
左党 (2015年12月28日 00時59分14秒)

日本酒口コミNo.5459

地元では「木曽路」というお酒で親しまれています。
代々の当主が「九郎衛門」を名乗り、先代の時に「十五代九郎衛門」が誕生し県外でも人気を博してきました。

当代になってからは、県外産の酒米も活用するなど精力的な展開をされている一方で、一昨年には蔵が火災になり、色々苦労もあったようです。
今季より伊那地方の某蔵元の若手杜氏が加わり、よりパワーアップした旨い酒造りが期待されます。
左党 (2015年03月15日 19時12分15秒)

広告
広告