トップページ > 杜氏・蔵人のナマの声

杜氏・蔵人のナマの声

このWEBサイトをご覧になっている杜氏さん・蔵人さんがいらっしゃいましたら、ぜひ現場のナマの声を掲示板に書き込んでいただけたらと思います。


448  エル・ドゥロ  2009/12/6(Sun)23:15:58 
にごり酒さん
以前、その手があるな、と思いネットで検索したことがあります。
そのとき見つけたのですが、ある蔵で19BYから行われています。
リンク張るのは了解を得ていないので控えますが、
その様子などが杜氏さんのブログにアップされています。
名古屋の酒蔵です。
ご覧になられると面白いかと思われます。

地方銘柄で未飲なのですが、一度飲んでみたいです。


おじさん?おっさん?、さん
自家で麹からとはすごいですね。
春陽のお酒って美味いって聞いたことがないのですが。。。
飲まれたこと、ありますか。
蛋白組成に関しては
h○○p://www.akita-pu.ac.jp/bioresource/dbt/BREW/2.pdf
などがありますね。
447  おっさん  2009/12/6(Sun)22:6:3 
にごり酒さん
>>ただ者ではなさそうですなw
いやいやタダのおっさんです。
年は20代ですが日本酒はすごく面白いと本気で付き合いたいと思い
ごく最近から研究しています。

本題ですが大間違い低たんぱく米でなく低グルテリン米でした(すいません)低たんぱく米も存在しますが
飲んで書いてるもので・・・(以後気をつけます。)
私も泣く泣く低精白米を用いた純米酒の研究をしないと
いけなかったもので、見つけた資料です。
www.pref.iwate.jp/~kiri/infor/theme/2004/pdf/H16-15-lowseimai.pdf
でも水飴使うなんてなかなか良いアイデアですね
80程度なら研削式でなくとも摩擦式でも何とか削れますし
コストも下がりますしね、

ちなみに低たんぱく米は察しの通りプロラミンを増やした品種です。
446  にごり酒  2009/12/6(Sun)21:18:29 
山鼠さん
猿酒派ですかw
砂糖水と酵母だけでも5%程度のアルコールは出るそうですが、環境が環境なので低温では無理みたいです。
麹を入れると各種栄養素が加わるので、結構上手く発酵しそうですね。
うちの奴は発酵が緩んで基調香が増してきました。
やっぱりそうそう上手くは行かないような感じです。トホホ

おじさん
初めまして。ただ者ではなさそうですなw
私も百姓なんですが、低蛋白米というのは初めて知りました。
グルテリンを減らしてプロラミンを増やした品種ですか。
味的には「不味い」と言われる方向に思い切り振っているようですがw
酒の原料としてもこの方向は香味の点であまり芳しくなさそうですが、うーん、どうなんでしょ。

麹については、人肌の温度帯を手早く切り抜けることでタンパク質の分解に関わる酵素を減らし、アミノ酸の生成を抑えて雑味を抑制すると考えられていますから、効果はあるんじゃないでしょうか。
ただ雑味だけじゃなく味そのものがあっさりしちゃうんじゃないかと思います。
味噌麹なんかは逆に、たっぷり味を出すために低温で造りますし。
445  おじさん  2009/12/6(Sun)19:16:25 
こんにちは楽しく拝見させていただきました。
2日がかりで初めから読みました(笑)
野菜農家です。米もしています。
来年は少しだけ酒米(雄町)を植えてみようと
思います。用途は秘密です。
どこに住んでるか、ばればれですが

にごり酒さん
90で仕込む場合低たんぱく米(肝臓疾患患者用品種)で仕込むと
そこそこのお酒ができるようです。

米本質の溶解具合は米のアミロペクチンの長さで変わるらしいです
したがって冷夏の米はアミロペクチンが短いので溶けやすい
しかも蒸米にしたときに老化しにくい
猛暑の場合は草勢が落ちるので微妙ですが
適度な年だった場合アミロペクチンが長く
溶けにくくしかも老化が早いらしいです。

どちらも試験場の結果なのですが・・・

うちは農家ですが
酒造りも農家と似てる部分があり
本気で勉強したいと思い最近色々勉強しています。

1つだけ質問させてください
甘酒用麹を作る場合仲を高めにすることで雑味が減るものなのか
それとも関係ないのかどうなんでしょうか?

余談ですが、個人の農家が麹作るのは大変ですね。
1人で管理するので夜中も適度に起きて積み替えしたり
でも楽しいからよいですが
長々とすいません。
444  山鼠  2009/12/5(Sat)22:0:32 
安くて経済てきな美味しい吟醸ぜひ作ってください。
昔砂糖水に酵母入れたら醗酵しませんでした
麹+砂糖水+各種吟醸酵母(8度)=洋梨の香りしました。
443  にごり酒  2009/12/5(Sat)20:17:3 
お二方ともありがとうごじゃります。
ばらしてしまいますが、私がやってるのは糖添加仕込の実験です。
もろみに水飴を加えて、一緒に発酵させてしまおうということですね。
米を剥ぐとはどういうことかと言うと、原料の組成をより純粋な澱粉に近づけていくということです。
澱粉は分解されて糖に、糖は発酵によりアルコールに変わります。
つまり高精白の米で造った酒は、エキス分に対するアルコールの比率が高いんです。
何だかんだ言ってアル添酒がワンランク上の味を出すと見なされるのは、こういう理由からでして。

しかし最後にアルコールを添加するのはただの混和で、最初から糖濃度が高いもろみで造った酒とはやはり違います。
そこで、水飴を原料の一部として使うことで、高精白米のもろみを人工的に造ってやろうというわけです。
吟醸香はもろみ終盤の糖濃度に大きく影響されるということで、これも期待してのことです。
今回は酒母と麹は生酒のもの(精米歩合60%、吟醸酵母)を使い、掛米に90%の飯米、そして水飴を原料総米の45%突っ込んでみました。
当初は50%の予定でしたが、B曲線の具合を見てこれ以上は無理だなと。
醸造用アルコールは添加しません。米と水飴だけでどんな酒になるかを確かめたいんです。

現在二週間目くらいですが、濾液を含んでみた感じでは味も香りも吟醸もろみみたいです。
もろみは純米の1.5倍くらいに希釈されているんで、色もほとんど無くなりました。
醸造協会誌の提言などを参考に段取りを決めましたが、手探りなんでいろいろとまずいところがあり、最終的な結果は今回あまり期待出来ません。
次回はいろいろと修正して、方法論を確立させたいと思ってます。
とりあえず、行けそうな気配はありますね。

「低精白を活かした味」というわけではないんです。すいません(´・ω・`)
442  エル・ドゥロ  2009/12/5(Sat)9:2:59 
にごり酒さん
ようやく冬らしくなってきて、酒屋さんHP見ると
しぼりたて新酒や“にごり酒”がたくさん出てきてました。
にごり酒さんの蔵でもそろそろ新酒の出荷でしょうか?

試験醸造は四段(打つのなら)、アル添のタイミングを計りだす頃かな。
もう真っ白な部分しかないような40と50で大きく違うことを考えると、
90なんていうのは「とんでもない」違いなんでしょうね。

やってみないとわからないし、お酒も出来てみないとわからないですよ〜。
江戸時代のお酒みたいにたっぷり加水したら、「意外と結構イケる」てなるかも。
441  山鼠  2009/11/25(Wed)18:49:32 
にごり酒さん
がんばってうださい!
440  にごり酒  2009/11/24(Tue)21:3:8 
留めて3日目、早くも低精白米らしいテイストになってきましたw
一言で言うと、子供の頃知った古いタイプの日本酒の味ですね。
濾液も黄色いです。
蔵で働きはじめて7年くらいになりますが、うちでは普通酒も精米は60%です。
何年か前一度だけ65%の米を洗ったことがありましたが、
そのときもやはりこんなテイストの酒になりました。
ただそのときはサーマルが壊れてて温度が上がり過ぎちゃったんでそのせいだと思ってたんですが、どうも精米歩合が及ぼす影響が思ったより大きそうです。
このテイストをできる限り無くしていく方向に進んできたのも頷けます。
決して美味くはない。
これは予想以上に難儀しそうですわ。
439  エル・ドゥロ  2009/11/24(Tue)18:12:50 
にごり酒さん
90で田舎のおっさんの安酒ゆうのも面白そうですね。
訳の解らんへらこい造りの、“旨くないけど不味くは無い”
ってゆう巷に溢れる安酒とは一線を画す、画期的な、、、
て、これも冗談です、90%くらい。

と書き込む今日はこれから何の理由も無く35開栓です。
438  黒龍  2009/11/24(Tue)10:10:1 



いざ、難破!!!
437  くどき上手  2009/11/24(Tue)10:7:56 

私は名前の通り、くどき上手が好きです。

これを飲めば誰でもくどき上手!!

さあ、あなたも!!

let`s 軟派!!!!
436  山鼠  2009/11/22(Sun)23:41:13 
この前酒飲み会で高知の蔵元が来てて、不景気で680円の酒飲んでるゆうてました。
435  にごり酒  2009/11/22(Sun)21:31:18 
うーむ、やはり純米をお望みですかw
最高の純米というのももちろん造ってみたいんですが、
私は何より、二級酒レベルの酒しか飲まない田舎のおっさん向けの安酒を造ってみたいんですよ。
できるだけ安く美味しくね。
しかし90%精米を活かした純米酒というのも、一つの方向性として面白そうです。
今期はもうできませんが、これも来期、少し考えて試してみましょう。
434  エル・ドゥロ  2009/11/17(Tue)20:10:50 
にごり酒さん
いやいや、とーっても期待してますよ、って冗談ですが。

米を磨けばいい、という1つの大きな力を持つ答えがあったがゆえに
他に解を求めなかった、という見方もできるのでは?
白くすること以外のナニカがあるとお酒がもっと面白くなります。

アンダーミドル級のお酒に関して、アル添の利点はわかりますが、
このクラスこそ純米にこだわる意味があるのではないでしょうか。

安易なやり方というのは際限が無いのが人間の習性ですから。
増醸清酒が日本酒を、発泡酒がビールの市場を、
赤黄青会に手を出したKズミさんが自民党を、
ぶっ壊したように。
433  エル・ドゥロ  2009/11/17(Tue)19:42:10 
momoさん
横坂さんが常きげんを退かれたことは聞いていたのですが、
どこに入られたかは聞いておりませんでした。
ネットで検索すると間違いないですね。
情報ありがとうございます。
432  momo  2009/11/14(Sat)10:3:16 
エルドゥロさん
横坂杜氏岩の井でおるて本当ですか?
431  にごり酒  2009/11/12(Thu)23:35:49 
いやあんまり期待しないでください。ただの実験だからw
しかもオリジナリティの高いもんじゃないです。
ただ、90%の飯米で雑味じゃなく旨みを持つ、それなりに美味い酒ができたらなあとは夢想しています。
そうすれば米も無駄に削らなくてすむし。
まあ誰もやってないってことは、たぶん上手く行かないんでしょうw
アルコールは低く抑え、粕もいっぱい出し、味良くしかし経済的。
そんなのが理想なんですが。

経済面だけで言うと、何やってもアル添にはかなわないですね。
味を良くするためのアル添は大いに良しな私なんですが。
430  エル・ドゥロ  2009/11/12(Thu)12:46:46 
にごり酒さん
素人の妄想にお付き合いいただきありがとうございます。
ナイショと言われると、気になるキになるぅ!!
でも、出来るまで我慢。期待して待ってます。

下記の妄想配合ですが、
・90で・他に無く・冷やで・原酒で・生も火入も、という。
なら、こういう内容かなぁ、と押したり引いたり。
粕がいっぱい出ちゃうだろうけどそれも狙いでして。

計画通りで17度原酒として、玄米で出した酒化率がざっと125%、
40純大吟で標準的造りの17度原酒なら、同じものが50%くらい、
60純米で標準的造りの18度原酒を1度落として、95%くらいだから、
こんな造りでも125%なら精米90って面白いですね。

429  にごり酒  2009/11/11(Wed)0:42:28 
エル・ドゥロさん
玄人はだしですなまったくw
かなりの沸き進め型で酒母歩合10%、麹歩合15.6%で留麹0ですか。
±0でアルコールもこんくらいになるでしょうね。
極端な配合だけど、押したり引いたりで結構バランスが取れてる。
案外上手く行きそうな。

なかなか面白い仕込配合ですが、私がやろうとしてるのは沸き進め型のわりと標準的なものです。
コンセプトは「最高の安酒を」。
とりあえず酒税法の範囲ぎりぎりで一番極端な造りを試してみて、次回以降はバランスの良いところを探っていこうという目論見です。
だから90%精米なわけです。酒質はひとまずおいといて、まずやってみようと。
皮算用になっちゃうんで、造りの詳細は結果を見てからお伝えします。
今はまだいろいろとナイショw

もうこんな時間だ。早く寝なくちゃ。
428  エル・ドゥロ  2009/11/10(Tue)19:30:40 
にごり酒さん、毎度です。
90のコンセプトは如何に!?
復刻系でないというのはイロモノでは無いってことでしょうか。

自分が試験できるなら、、、こんな感じ!?
総米15kg  汲水歩合130%
アルコール 17.0%前後
日本酒度  ±0 前後
酸 度   1.7〜2.0
アミノ酸度 1.0〜1.3
酵 母   KT-901
種 麹   吟醸用高G/A比タイプ
      麹  蒸  水
酉元(速醸) 0.55 0.95  1.5 
 添    0.7  1.8  2.5
 中    1.1  3.4  6.5
 留    0   6.5  8
 追水   -   -   >1
モロミ日数 18日
粕歩合   40%!!
※長踊。

ちょっと麹歩合に無理があるかな、、
ってまったくの素人なのでよくわからないのですが(笑)
427  にごり酒  2009/11/10(Tue)19:12:58 
山鼠さんどもです。
画像しか見あたりませんでしたが、この木桶の大きさじゃ絞れる酒はせいぜい500リットルてとこですか。
それで4年に一度ってことは、やっぱり売れないんですねこういう変わった酒は。
貴醸酒についてはそんな酒があるってことくらいしか知りませんでしたが、これはちょっと面白そう。
来年ちょびっとだけ造ってみますかね。
426  山鼠  2009/11/10(Tue)1:46:22 
開春のホームページ内に「サラリーマン杜氏」のページが有そこに映像があります、学者に聞いて昔の作り再現したそうです、あまり売れないので4年に一度作ってるみたいです。前の酒で日本酒度−90、酸度9、アミノ酸9だつたらしい、今年の生で酒度−100、酸度9(えらく甘い)4年古酒で酒度−90、酸度2.5度古酒にしたら美味しいです。

最近貴醸酒て売ってますが味醂みたいな作りかたなんですかね?
425  にごり酒  2009/11/9(Mon)20:26:11 
山鼠さん
寛文の雫、知らなかったんでぐぐってみたら、ははあ、越後諸白と同じようなもんですな。
日本酒度-80ってのは凄いなw
和食の味付けの基本は味醂と醤油1:1なんですが、江戸時代は酒と醤油1:1だったそうで、当時の酒はひたすら甘いってのは聞いていましたが、これは相当ですね。
造りの詳細を知りたいけど、HPにはないのかしら?

エル・ドゥロさん
これなんか精米歩合90%だそうですw
私が試そうとしてるのはまるっきりコンセプトの異なる酒で、まだ頭であれこれひねり回してる段階なんですが。
生成酒は20リットルちょいの予定なんで、市販はしませんです。
面白いモノができたら夏の呑切りに持ってって、鑑定官の先生に意見を伺ってみるつもりですが。
まずちゃんと酒ができるかどうかがw
米が割れるのは、やっぱり乾きすぎてるからですね。
気温水温は当時16℃くらいだったから、まあまあ許容範囲。今は20℃超えてますが。
とりあえず米は湿気の多い部屋に移しました。添麹洗う頃にはもうちょっとマシになってるんじゃないかと。

元釜屋さん
そういえば家で実験したとか言ってましたね以前。
わかりました。蒸しが多くなった場合を考えると乾かしようがないんで、濡れたまま行ってみます。
米はうちで食ってる飯米ですが、一応一般掛米として酒造用に登録されてる品種です。
赤飯は本で読んだだけで見たことないですよ。
一度見てみたい気もするけど、うちの蔵ではゴメンですやっぱりw
424  元釜屋  2009/11/9(Mon)19:6:14 
>にごり酒さん

90%精米の飯米ですか?酒米ではなくて?

昔自宅で飯米の吸水実験をした時二日間漬けっぱなしでしたが蒸す時やはり表面が濡れていましたね〜

酒米について言うと90%精米は洗った事無いんでどんな具合かわからないんですが、半日以上漬けこんでおくというと経験あるのは四段用の米(70%位)位ですかね。

やはりそれも表面乾いてなかったような気がするし
から漬けした米も表面がやはりベトついていたんでそのまま張っても問題ないのではないでしょうか?
サバケは悪いでしょうけれど・・・

ただそれだけ浸漬時間が長いと心配なのは赤飯ですかね。気温も高いですし・・・
一度だけ赤飯やらかした事ありますけれど一面真っ赤の米を見た時の驚きは昨日のように憶えてますよ^^


423  エル・ドゥロ  2009/11/9(Mon)13:26:16 
にごり酒さん
かの地では11月だというのに22〜3℃くらいまでいってましたもんね。
水温や米の温度が高いのも砕米の原因でしょうか。
コストをかければ、原料米の調湿や洗米/浸漬水の冷貯など、手立てがあるようですね。
米の調湿などは何らかの工夫をすれば大掛かりな設備がなくともできそうですが。

90とは面白そうな、、80は飲んだことありますが、90は見たこと無いです。
出来たら飲んでみたいナァ。

しばらくは暖かいようで苦労されるでしょうが、お酒造り頑張ってください。
422  山鼠  2009/11/8(Sun)22:0:43 
寛文の雫飲んだら美味しかったので雑味爆発の酒作って古酒つくったら
美味いかなあとおもつて
どうも
421  にごり酒  2009/11/8(Sun)19:51:59 
山鼠さん
なかなか冒険家のようですがw
えとですね、まず安酒の補酸ですが、たぶん寝かせてもひどい味になるだけです。
出汁を取らず味の素だけで味付けした料理みたいなもんですか。
安酒はたいてい、元々補酸しちゃってますし。
そもそも「炭素濾過した酒は劣化が早い」という話がありまして、
抗酸化性を持つビタミン類や有機化合物が炭素に吸着されちゃうからだろうってことです。
寝かせるなら無濾過純米が妥当でしょうね。それなりものじゃないとかえって不味くなるわけです。

麹についてですが、味噌用だと雑味爆発になるんじゃないかと思います。
アルコールもあんまり出そうにないですね。
ただどぶろく以外で誰かが試したという話も聞かないんで、上手く造れば案外面白い酒ができるかも。
420  山鼠  2009/11/8(Sun)17:4:28 
焼酎用の黒麹の日本酒ありますが、八丁味噌用の麹使ってタンパクの多い
米で日本酒作ったら旨さ爆発?
419  山鼠  2009/11/7(Sat)21:59:12 
にごり酒さん
ご返事ありがとうございます
安い酒に酸と果糖と味の素入れて3年ほど置いてみます
ピクルスみたいですね。
418  にごり酒  2009/11/7(Sat)20:9:55 
いやー暖かいですね。勘弁してくれよホント。
エル・ドゥロさん
最初の洗米ではえらいこと割れました。今年の米はちょっと脆いかもです。
さけあきんどさんどもです。そのうちうちの酒も置いてもらえるように頑張りますw

山鼠さん
日本酒にも補酸の技術はありますよ。増醸酒の技術ですが。
使うのは乳酸、コハク酸、クエン酸、リンゴ酸の四つです。
アミノ酸系ではグルタミン酸、味の素ですね。
配合はどっかで読んだけど忘れました。

それはそうと、今期90%精米の飯米を使って小仕込試験をするつもりですが、少しばかり洗って漬けてみると、表面が濡れたままで乾かないんですよ。
釜屋さん半日以上漬けておくような低精白の米を洗ったことあります?
濡れたまま蒸してもいいのかしら?
417  エル・ドゥロ  2009/11/7(Sat)13:46:0 
にごり酒さん
やはり酒造りは大変ですね。
今期は米は不作ぎみなようですが、、
納得いく造りになりますように。

元釜屋さん
なんだか楽しそうですね。
雁木、話題に出たら欲しくなって買っちゃいました。
いまどき、純吟あらばしり、ですが(笑。
416  山鼠  2009/11/6(Fri)19:20:51 
安い酒で古酒作って楽しみたいのですが、酸度の高い酒がありません
ワインで補酸する技術あるそうですが、日本酒も補酸できますか?
415  さけあきんど  2009/11/3(Tue)7:36:46 
にごり酒さん、お帰りなさい。また楽しいお話聞かせてください。宜しくです。
414  にごり酒  2009/11/1(Sun)23:15:51 
釜屋さんなんだか凄いですな。薪ですかw
自分が子供の頃にはまだ薪使ってましたねえ。
山には炭焼き小屋があって、味噌なんかも自分ちで作ってました。
もやしは店で売ってて、それ買ってきて麹もつくってたそうです。

結局今日の蒸しはモト麹ふたつ、硬すぎと柔らかすぎになってしまいました。
やっぱり浸漬は一発で決めなきゃダメですね。
後で調整しても、さわりが今ひとつ良くなんないです。
413  元釜屋  2009/11/1(Sun)19:54:41 
おぉにごり酒さんお久しぶりです。

こっちはもう半自給自足生活まっしぐらという感じです。まぁ夏子の酒の豪田さんとまではいかないですけれど。
これからはどうしても薪の消費量が増えるのでその確保と腐葉土作りで落ち葉をせっせと集めてますわ。

初めの洗米(蒸し)緊張しますよね・・・毎年同じ品種の米でも特性が異なりますからね。
昨年はこれまで得た知識をフル活用してドブロク作りでもやるかぁ!なんて意気込んでたけれど結局せんかった。(←法律違反)
いい麹が手に入ればな・・・

これから段々忙しくなっていくと思いますが体に差し支えないよう無理をせず頑張って下さい。


>エル・ドゥロさん

うん昼酒というか朝酒でしたね^^
雁木は自分がまだ何もわからない頃に先輩が「とりあえずこれは唎いとけ」といわれた銘柄の一つです。
412  にごり酒  2009/10/31(Sat)23:18:26 
あ、エル・ドゥロさんどうもです。
いや松山三井じゃないです。使うつもりだったけど納期に間に合わないってことで、今年はフクヒカリです。
吟醸じゃなく生酒用ですが。
どちらも一般米なんで硬いですね。酒米と比べると吸水時間が倍近く違います。
醸造協会誌のレポートによると、登熟期の気温に溶解性が大きく左右されるらしく、気温が低いほど溶けやすくなるそうです。
今年は暑いのは暑かったけど雨が多かったんで、ちと硬めに蒸してみようかと思ってます。

今日の洗米は全然浸漬時間が足りなくて、はからずも釜屋さんが以前言ってたから漬けをやってしまいました。
表面は水が切れないのに中まで浸透しないような、変な感じです。
とりあえず明日の蒸しが上手く行きますように。
411  エル・ドゥロ  2009/10/31(Sat)21:10:58 
元釜屋さん
アハハ、昼酒は効くからなぁ(笑)。
未だに一般的には新潟とか人気なんですね。
個人的には埼玉とか滋賀などが注目なんですが。
あ、「雁木」は美味いっす、好きっす。

にごり酒さん
お久しぶりです。
吸水実験は松山三井でしょうか、
今年は米の収穫時期にあの18号が来たので影響大だったようですが、、、
美味しいお酒が出来るといいのですが。

410  にごり酒  2009/10/31(Sat)18:46:47 
皆さんお久しぶりです。釜屋さんも元気そうで。
今年最初の洗米を行いましたですよ。
昨日100gほどサンプルを取って吸水実験してみたけど、
その程度じゃ毛細管現象で水が垂れないんで、意味ないですな。
おかげで今日はえらい苦労しました。今年もよろしくです。
409  元釜屋  2009/10/21(Wed)19:22:39 
>エル・ドゥロさん

いやそれが酔っ払ってよく覚えてない(笑)
通好みのする銘柄はほとんどなかったですね。田酒、雁木位かな。
甲信越ブースが一番混んでましたね。

408  エル・ドゥロ  2009/10/16(Fri)20:9:11 
元釜屋さん
「酒祭り」うらやましいですね。
蔵巡りで、また造りがしたくなったりして(笑)。

どこか、記憶に残る銘柄はありましたか?

407  元釜屋  2009/10/12(Mon)21:23:52 
行ってきました広島西条酒まつり。
初めて行ったのですが凄まじい人手ですね〜特に酒ひろばの行列にはビビりました。
入ってみてわかったのですが皆さん場所取りの為の行列だったのですね。

初日土曜日は酒ひろばを、二日目日曜日は蔵巡りを堪能しました。

朝から公然と酒が呑めるのはいいですね。でも勤務中の警備員さんになんだか申し訳なかったです。警備員さんご苦労様でした。

松尾様にも参拝しました。
406  元釜屋  2009/9/30(Wed)20:52:9 
>ファンキー彩酒さん

そのお名前ドキッとしてしまいますが・・・
ご指摘ありがとうございました。
405  ファンキー彩酒  2009/9/22(Tue)10:24:29 
ポン酒好きさんの「釜屋の酒」は、
埼玉騎西の「釜屋・力士」と想われ・・・・
404  元釜屋  2009/9/20(Sun)21:24:54 
>ポン酒好きさん

戻りたいのは山々なんですけどね。
まぁ遠い所へ流れ着いてしまいました。

釜屋さん変わった位では蔵の味そんなには変わらないと思いますよ。
親方とか頭(かしら)がしっかりしてさえいれば。
ただ余程の研究熱心な釜屋で創意工夫を誰にも打ち明けない秘密主義な人でしたら考えられると思いますけど。

「釜屋の酒」というのはちょっと良くわからないですけど・・・
403  ポン酒好き  2009/9/3(Thu)6:33:12 
元釜屋さん是非戻ってみては?
釜屋の酒は毎年親父の会社に直接持ってきてもらって、いつも楽しみにして待ってるんです♪でも今年持ってきた酒はいつもとだいぶ違う!味が落ちてるんです!風味から何から何まで釜屋の酒なのかってくらい!初めて釜屋の酒を一口で拒絶したんです…。なかなか好きな蔵元のひとつなので以前のような味に次回は戻っていればと期待しているのですが…。変わってしまった味はなかなか元には戻らないでしょうね…。
402  bogeyman  2009/8/22(Sat)4:59:54 
なーんだ。
「法の抜け道」だの「全てが本物と言えるのか?」とか
さも何か知ってるようなこと書くから期待したけど、
ただの思わせぶりかー。
 
信用してるんなら、紛らわしいことをいちいち書くなよ。
401  1990  2009/8/16(Sun)21:35:5 
言って何の意味が有る?自浄作用が有る訳でも無いのに。ましてや今さらあからさまに(法的に)証明できる訳でも無いんだぞ。疑ってかかったらキリ無いぞ、だから信用してるんだよ!これ間違いか?
400  tomtom  2009/8/15(Sat)8:29:21 
あれー私が蒸し返しちゃいましたかね...?(^^;

例えば392の後半なんて、「なるほどなー!」と思っちゃったんで、御礼を書いたわけだったんですが。迷惑かけてたらすみません。

1990さんも393で”信用してるよ”と書いてらっしゃるので、文章の味わい(?)はともかく、他意はないと思うのですが。

と言いつつ、実例があるなら知りたいなー(全くの興味本位)とかちょっと思っちゃう自分もいますけど。もちろん自分の舌で判断して不味いと思う酒なら、本格的な造りがしてあってもダメはダメなわけですが、蔵元の名前はともかく、トリックの方法とかは興味ありますねぇ(苦笑)
399  bogeyman  2009/8/14(Fri)13:6:7 
1990さんは、実例を示せばいいのに。
「ルールの抜け道」云々書くのなら、
それをやってる蔵元を実名で書けばいい。

出来ないのなら、ただの「アタマでっかち」
なら自分で造ればいいんじゃないの?って感じですかねー。

ページ:[前へ]  1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   [次へ]