トップページ > 雑談

雑談

特にテーマを限定しない雑談スレッドです。
日本酒以外の話題も含めて気楽に利用してください。


2279  tomtom  2016/1/6(Wed)8:49:16 
明けましておめでとうございます。
年末年始はおかげさまでいろいろ飲めたのですが、とりあえず印象に残った
一ノ蔵を投稿させていただきました。純吟で2,000円弱なので、同県ライバルの
禅より安いんですね...どれもこれも年々美味しくなっていくなぁ。
2278  静岡の日本酒がいい  2016/1/5(Tue)22:59:19 
明けましておめでとうございます。正月に色々飲みました。後日紹介します。
2277  エル・ドゥロ  2016/1/5(Tue)22:28:47 
みなさま。
明けましておめでとうございます。
今年も美味しいお酒で盛り上がりましょう。
2276  ひなちゃん  2016/1/5(Tue)22:18:23 
皆さま、遅ればせながら明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。
2275  左党  2015/12/31(Thu)13:19:55 
今夜は近所の名人の手打ち蕎麦で仲間と年越しです。
酒は佐久の花の搾りたてにしようかな。
皆さんも良いお年を、そしてお互い来年が素晴らしい年でありますように。
2274  管理人  2015/12/15(Tue)22:48:31 
えーそうなんですか!
いつもひなちゃんさんの口コミ参考にしております。
また来年もよろしくお願いします。
良いお年をお迎えください。
2273  ひなちゃん  2015/12/15(Tue)22:31:44 
ちょっと早めですが、
諸々の都合でこのサイトに来るのは本日が今年ラストとなりました。
今年も一年、皆さんのコメント楽しく拝見させて頂きました。
また来年も宜しくお願い致します。
年末年始を美酒と共にお迎えください。
2272  エル・ドゥロ  2015/12/12(Sat)23:5:42 
今日は全部で2合くらい飲んだかも。
クラクラして、脳がまた少しとろけました。

『一博』純米生原26BY
適度にフルーティー、濃い味わい、生熟だけどだれてない。
『JKN』純米にごり27BY
低めトーン、果実様の香り明確。ストレートな甘み、キューッと酸がきて、甘みから優勢に。
『澤屋まつもと』純米愛山26BY
熟れた林檎様の落ちついて心地よい香り。香味一体、バランスよく、調和する。後口もすっきり。
『花浴陽』純米にごり美山27BY
甘い匂い、フルーティー、よく香る。甘くて中盤から酸がキューっと。ゆっくり退ける。
『たかちよ』純米酒クラスしぼりたて生原27BY
甘酸っぱい香りにトーン高い薫り。甘酸っぱくジューシー。甘み強く、味はゆっくり退けていく。

ふーっ酔った!
2271  エル・ドゥロ  2015/12/10(Thu)22:33:49 
>左党さん
この時期は元気いっぱいの新酒生がしんどくなったら、落ち着いた冷卸し寒卸しを。
ちょい枯れの火入れに飽きたら、新酒で変化を。。。
・・・・、飲みすぎはいけませんね。

澤の花、干支ラベルもそろそろですね〜。
年明けじゃなくて、年越し用に年末には出荷でしたっけ。
今年はどんなスペックかなぁ、楽しみ。


2270  エル・ドゥロ  2015/12/10(Thu)22:28:7 
>つちこさん
水曜日の・・・、全力であざといんじゃなくて、よく言えば耳なじみの良い、悪く言えば下世話な旋律や音をちょこっと混ぜながら、結構まじめに、でも基本は悪ふざけして遊んでいる、、、そんな感じがいいですね。

『梵』、飲んだら感想、聞かせてください。
お酒の表現、自分のものは味気ないなぁ、と思ってるんですが。
アキラさん@由紀の酒のように読むと飲みたくなるような表現ができたらなぁ、と。
2269  左党  2015/12/10(Thu)22:16:8 
月並みですが、今年もあっという間に師走になってしまいましたね。
秋に買い込んだ冷やおろしを呑み切らないウチに、行きつけの酒屋さんには新酒が並び始めました。無濾過生原酒は勿論、「あらばしり」だの「おりからみ」「直汲み」だの、より限定性の高いものが出てくるので、ミーハーは目が離せません(笑)。

「澤の花 ともぞう 本醸造無濾過生原酒」
「澤の花 純米吟醸無濾過生原酒 顔ラベル」
「佐久の花 本醸造無濾過生原酒 ウラサク」
「佐久の花 純米吟醸無濾過生原酒 specD 自家田米手詰め直汲み」
「茜さす 純米吟醸無濾過生原酒 ヌヴォー」
「真澄 純米あらばしり」…etc

まだまだ出てくるんでしょうが、まずは冷やおろしおやっつけないと…


2268  つちこ  2015/12/8(Tue)20:8:19 
エル・ドゥロさん
お返事ありがとうございます。

道民でもアイヌ音楽を聴くことはないのにな、と思っていたら水曜日のカンパネラだったんですね。耳に残る不思議な音楽ですね。
音威子府には友達が住んでいたので知っていましたが、樽真布はどこかわかりません(笑)

お返事頂いたのでさっそく買ってしまいました。
そちらでいただいたり購入したものがいくつかあるので飲むのはもう少し後になりそうです(^_^)
私はエル・ドゥロさんのようにお酒を表現する言葉が見つからないなぁ…
スゴイですね(≧∇≦)
2267  エル・ドゥロ  2015/12/6(Sun)22:48:25 
>つちこさん
こちらこそ、先日はありがとうございました。

最近、毎日のように「シャクシャイン」を聴いていて
ちょっと北海道の地名に詳しくなりました。
おといねっぷ??たるまっぷ!?

『梵』の純米クラスは飲んだことがないです。
近いところで「ときしらず」なら遠い記憶が。

『梵』のベースライン商品はドライでスムース
ミドルクラスの純大は香りが主導する甘さがあり艶やか
ハイエンドクラスは淡く軽やかで纏まりがよい
というイメージがあります。

フルーティーー!じゃないかもしれませんが、
三平汁のような家庭料理とあわせてまったりするにはいいかも。

フルーティーなもの、ということなら、これからの時期
「新酒しぼりたて」商品が出そろってきて楽しみですね。
2266  左党  2015/12/6(Sun)19:24:8 
今年で3シーズン目を迎えた伴野酒造の「ともぞう」
購入後ラベルをよく見ると右下の小さな「澤の花」のロゴが、反転して印刷されています。
「ウラサク」に続いて「ウラサワ」誕生でしょうか?
2265  つちこ  2015/12/4(Fri)20:41:43 
エル・ドゥロさん、先日はありがとうございました。
道民のつちこです。
管理人さんも認める日本酒マスターの貴方ですが、福井県の梵純米55は飲んだことはございますか?
私はどちらこというとフルーティーなお酒が好きなのですが、お店でふと見つけてなぜか足が止まってしまいました。
2015.7で、ドン○なのであまり管理がいいかはわかりません。

もしお飲みになっていたら、どんな味わいだったかを教えていただけると幸いです。
2264  エル・ドゥロ  2015/11/30(Mon)22:25:27 
先日、CD(訳有って、未だCDを買っているのです!)を買ってきたんですが、
ふと、タイトルを見ると「日本」「ジパング」でした。
で。ちょっと寄って買った日本酒が『日本泉』(27BY)。。。
どれだけ愛国者なんでしょう、私は(笑。

年中新酒の日本泉のちょっと熟したのを飲む機会があったので記録。

以下、外飲みにて。
『長珍』5055-26BY,適熟、濃厚なコクとキレ
『亀の海』純吟ひやおろし26BY,ほんのり果実味、淡いキレ
『日本泉』純米吟醸夏生26BY・甘い。ちょっと劣化
『日本泉』純吟生-26BY冬絞り・とろ甘、熟れた果実の味わい
『春鹿』純米?,アルコール感、辛み
『ほしいずみ』純吟,ほんのりフルーティ、スムースな後口
『一ノ蔵』純吟生,アルコール感、苦み
『長珍』雄町50生-26BY,エッジ明確。酸と旨みに仄かな甘み、キレ
『川鶴』雄町60生-26BY,押味強く、太い味、微かにビターな後口
『神の井』純米美山45生-26BY,香味果実風、クリア、スムース、充実感
『松の司』純吟竜王山田生-26BY,凝縮感、旨み、仄かに果実味、キレ
『宗玄』純米山田生-26BY,中濃、酸は多いが甘みでエッジはやや鈍い

統一感ゼロ。
2263  海津一男  2015/11/27(Fri)19:1:38 
ごめんね!!
ものすごくご無沙汰です!!
今から
朝日山の行く年くる年  などイベント商品入手出来ますか?
宝くじ100腸炎当たる予定です!
入院か豪遊のどちらかだね。
連絡お待ちいたします。
2262  エル・ドゥロ  2015/11/23(Mon)23:21:52 
“地酒”をやっているお店が増えましたね。色々な日本酒が飲める、ということが大きな訴求力を持つようになってきているのを感じます。

でも「商材として優れているので揃えています」的な立ち位置のお店も多いかな。
それが悪いってことはなくて、そういう楽しみを提供してくれるのは嬉しいことですが。

でも、お店の方(店主や店長さんとか)が日本酒が本当に好きで地酒をやっている店っていいなぁ、と思いました。
と、あるお店で凄くすご〜く居心地がよくて、後から「なんでだろう???」と考えてて、解ったのです。「日本酒を美味しく飲まんでほしい!!」というのが伝わってくるからだろう、と。

自分はそういうのが好きなのです。好みという、ただ、それだけですが。
2261  静岡の日本酒がいい  2015/11/18(Wed)6:16:10 
モミジ狩りと飲み屋の開拓に11月の中旬に京都に行ってきました。
結論 何件かいい飲み屋を見つけた
   紅葉狩りにあまだ早かった。12月の初旬が見頃かな
2260  香住鶴&余部鉄橋  2015/11/6(Fri)1:45:14 
目的で、来月カニ旅行計画中!!
2259  1990  2015/10/25(Sun)21:3:9 
なんだこれ?
2258  1990  2015/10/25(Sun)21:2:23 
j闘争からいえば




上槽から言えば1年過ぎの古酒は多い、氷温で無ければヒネ付きが多いのは確かだ(程度に差があれ)。ヒネを許容しないなら本来の日本酒を語る資格はない。





じょう
2257  左党  2015/10/21(Wed)1:0:41 
小布施に行ってきました。

小布施といえば葛飾北斎。90年の生涯に90回もの引越しをした北斎が初めて小布施を訪れたのが83才の時で、滞在は足掛け4年程でした。理由は「静かな環境で絵を描きたかったから」。

岩松院で鳳凰の天井絵を見て北斎館へ。
富嶽三十六景の豊かな表現力、老境どころか亡くなるその年まで描き続けた肉筆画の力強さ、生々しさ。絵師として完成するのは110才になった時だ、と言っていたそうです。

最晩年に名乗った画号が「画狂老人卍」。カッコ良すぎますよ。

「酒狂中年」じゃただのアル中だしなあ(笑)
2256  momp  2015/10/18(Sun)0:35:54 
2015年フランスワイン酷暑でフドウの出来過熟で2003年と良く似た酸の少ないバランスの悪いワインなりそうです
濃いワイン好きなのでフルーツ爆弾な様なとんでもない酒期待してます
当たり年は当たり年ですのでそんなに安くはならないんでしようね
2255  神の雫  2015/10/17(Sat)21:25:46 
返信が遅くなりました。
はじめに、みなさまにお礼を申し上げます。
沢山のご意見ありがとうございます。

まだ、特定の銘柄は決めていませんが、みなさまのご意見を参考に
決めたいと思います。

それにしても、『日本酒』の銘柄(酒蔵)の多さにはびっくりしました

最後に、みなさまのこれからの『お酒ライフ』に
『美味いお酒と素敵な人との出会い』がありますように・・・
感謝の気持ちを込めてお礼の言葉にさせていただきたいと
思います。

みなさま、本当にありがとうございました。
2254  左党  2015/10/16(Fri)22:51:53 
「長野の酒メッセ2015」に行ってきました。

以前よりも少し減ってきているものの、それでも70を超える蔵元が参加し、中には初登場の蔵元さんもいます。当然全てを呑み尽くす事は不可能なので、普段中々お目にかからない所を中心に気になる蔵元を回る作戦を立てますが、なんか最近あちこちのブースに女性が増えており、ついついそちらにも足が向いてしまいます(笑)

ここ数年このイベントを始め、大小の唎き酒会や蔵開きにちょいちょい顔を出してきたおかげで、蔵元の方や酒販店さん達にも顔見知りがずいぶん出来ました。

そういう人達との邂逅も年々増えて、飽きるどころか毎年楽しみが増してきますね。
2253  バックマイ  2015/10/16(Fri)22:48:21 

>>2247  神の雫 さん

初めまして。おめでとうございます。
当方がおすすめできるのは、

秋田…『高清水』『雪の茅舎』
神奈川…『いづみ橋』『天青』ですね。

これらの銘柄に限り、注意していただきたいのは、必ず特定名称酒を
お選びになることです。
『高清水』なんて、普通酒と特定名称酒では、がらりと味が違いますから。
どの銘柄も、当方が呑んだものは口コミでアップしてありますので、
よろしければ当方のプロフィール蘭にアクセスして口コミをご一読くださいませ。
参考になれば幸いです。

バックマイから

2252  ごえも〜ん  2015/10/14(Wed)1:32:29 
私もちょっと重複しちゃいますが、下記を押します!(・´з`・)

秋田 まんさくの花、新政
神奈川 丹沢山(隆)、相模灘
2251  エル・ドゥロ  2015/10/13(Tue)23:31:0 
皆、秋田は【新政】推しですね。
他に『鳥海山』、『由利正宗』、『竿灯』など。
神奈川は『丹沢山』(概出)、『相模灘』、『湘南』など。

水合わせなら出身地がわかる銘柄名がいいのではないでしょうか。
2250  momp  2015/10/12(Mon)22:48:18 
新政のヤマユシリーズなど子供のぽさというか若さお感じるられます
神奈川の丹沢山はどしつとして芯の強さ感じたます
いつしょに混ぜて飲むととんでもない味になりそうです

そういえば大吟醸クラスでしたらどれも大きな味の違いもないし美味しいし
結婚式ですし、皆も喜んでくれるのでいいですよ。
2249  へび  2015/10/12(Mon)21:44:6 
スイマセン、なんで千歳緑なんだろう。
千代緑です。千代緑。
2248  へび  2015/10/12(Mon)21:43:13 
ご友人のご結婚おめでとうございます。
また、面白い風習ですね。

さて、さすがに日本酒を何種も混ぜて、というのは経験がある方も少ないと思います。
私も存じませんので、いくつかの秋田のお酒をご紹介させていただいます。

どっしりとした芯の強さを出す味わい深さなら齋彌酒造店の「雪の茅舎」「美酒の設計(限定酒)」 栗林酒造の「春霞」
足元しっかりした上で、子供っぽさを悪戯心で表すなら千歳緑の「SP」などの暗号シリーズ
「新政」のカラーズ「エクリュ」「ラピス」は、混ぜ合わせるのにはよいかもですが、お酒・酒蔵として奔放が過ぎる(新しいことへの挑戦がとても多い)かもですね。
秀よしの「ラシャンテ」は最近流行の「軽めでピチピチシュワシュワ」する炭酸を飲むようなお酒です。他のお酒と混ぜたときにきっとアクセントになるでしょう。

日本酒は同じ名前のお酒でも、スペックが違うものが沢山あります。
季節モノ・限定酒も沢山あるし、お住まいによって入手難度も異なります。
ご友人が生まれた場所の近い酒蔵で「地元のお米・地元の水」を使ったお酒を探す、
産まれた季節の名前や、時刻に因んだ名前のお酒などもあります。
お気持ち届くとよいですね。

神奈川のお酒は誰かお願いしますっ(そういえば殆ど飲んだ事ないや……)
2247  神の雫  2015/10/11(Sun)22:0:11 
突然ですが皆様に質問があり、投稿させていただきました。

近々、私の友人が結婚することになりました。
ある地域では、「新郎と新婦の故郷のお酒を混ぜて飲む」という
風習(?)があるらしい。という事を聞き。
単純ですが『それ、イイ!!』と思いました。

そこで、お祝いに日本酒を贈りたいと思ったのですが、私には
日本酒(お酒全般ですが・・・)に関する知識がまったく無く、みなさんからご意見を伺えればと思って投稿させていただきました。

ちなみに、新郎は秋田県出身、新婦は神奈川県出身なのですが
二人とも、芯がしっかりしていて、思いやりのある人物です。
あっ!新郎は若干子供っぽさもありますが・・

こんな、二人を表すような。二つが交わった時にさらに美味しさが増すような(わがままかもしれませんが・・)お酒を教えて頂けないかと・・・

どうか、よろしくお願いいたします。



2246  エル・ドゥロ  2015/10/8(Thu)23:28:12 
昨夜、久しぶりにたくさんお酒を飲んだのですが、たくさん飲んで酔っぱらうのもいいですね。

『一滴千山』純米生原〜ちょっと甘めで柔らかい。たゆとう余韻に浸る。
『南部美人』純吟原酒〜ほんのりフルーティ、バランス秀逸、軽快で充実。
『賀儀屋』純米生原〜華やかな香り透明感と優しく満たす味わい。
『花垣』純米生原〜ミネラル感と旨み、濃厚ながらセミドライでキレよい。
『巌』拙純吟生原〜仄かな甘みを纏う、引き締まった味わいの絶妙バランス。
『正雪』純吟ひやおろし〜綺麗な吟香、綺麗な味、軽やかで深い。
『萩乃露』芳弥山廃生原〜圧しが強く旨みたっぷり濃厚な味わいを青さが流す。

しかし、どれも美味かったなぁ、自分の選択力はスゴイな、と(自画自賛)。
ちょっと味見した「天竺」渡船生もやっぱり素晴らしかったし。
2245  エル・ドゥロ  2015/10/8(Thu)22:44:55 
>左党さん
それはうらやましいですね。あそこの馬しゃぶが忘れられんです。
しかし、三河屋さんのほうはお店を畳んでしまわれたんですね〜。
雰囲気があってよかったのですが。
長野でも伊那は馬食が盛んなイメージですが、信濃ではそんなでもないですよね。


2244  左党  2015/10/6(Tue)21:18:7 
いつもの呑み仲間の1人が発作的に「桜鍋が食べたい!」と言い出し、皆で松本市の専門店で馬肉フルコースを食べに行く計画を立てています。
秋も深まり「天高く…」と言うならば、その肥えた馬を食っちゃおうという不遜な考え(笑)

そういえば熊本に行った時、長野から来た事を話したら地元の人に「馬刺しは熊本、桜鍋は長野ですよね!」と言われたんですが、長野県民は自分が知る限りそんなにしょっちゅう桜鍋を食べてはいないです。馬刺しを置いてある居酒屋は結構たくさんあるけど、桜鍋となるとなかなか見つからないです。
「ケンミンショー」とかで大袈裟に放送されたんでしょうか?




2243  バックマイ  2015/10/2(Fri)2:35:26 

>>2242 エル・ドゥロさん

お返事ありがとうございます。

>「月が綺麗ですね」
といえば、かの夏目漱石が『I love you』の和訳として用いたという説があることで
有名ですね。愛する人とさしつさされつのお酒はどんなに美味しいのでしょう…?
経験がないのでわかりませんが。
当方は完全に、『酒で死ぬのは本望』タイプですので、命の続く限り
酒に淫したいなと。

山崎正和氏のことは存じませんが、当方にとって酒は『絶対的な今』を
現出してくれる存在であります。
酒に対する考え方はお互いそれぞれで、それぞれなりに愉しんでいきましょう。
2242  エル・ドゥロ  2015/9/29(Tue)23:18:5 
>バックマイさん
「付帯的な事柄」について
「月が綺麗ですね」と言いながら飲む一杯はなんでも美味しいのです。
そのときのその銘柄は美化されてしまうのです。
その結果が「死んでもいいわ」じゃなくても。
まぁ、酒の楽しみ方は人それぞれですね〜。


2240のコメントを読んでて思い出しました。
むかーし、山崎正和がそんなようなことを言ってました。
酒やたばこは「永遠の今」を作り出すとかなんとか。
よくわからんなーと思ったのを覚えてますが。

2241  バックマイ  2015/9/28(Mon)3:29:15 

すいませんエル・ドゥロさん

当方の返信(2240番)は2239番に対するものではなく、2238番に対するものです。
訂正してお詫びいたしますね。

賛同・異論反論歓迎いたします。
2240  バックマイ  2015/9/28(Mon)3:21:44 

>>2239  エル・ドゥロ さん

お返事ありがとうございます。

お言葉の通り、酒は二律背反の愉しみです。
そこが女神的な甘さと、悪魔的な濃厚さを形成している最大要素なのだと
考えています。
お言葉を借りれば、「絶対的な形質」に入っていくことが、
当方が申しあげるところの『淫する』ことになるのではないでしょうか?

当方が酒を呑む際は、「付帯的な事柄」を忘却したいが故でございます。
酒は憂いの玉箒というが如く、世俗から自己を分離させてくれるところに、
酒の女神的・悪魔的な魅力を感じます。

「刹那的な高まり」と仰いましたが、当方はこれに酷似したものを、
営みの愉しみ・スモーキングによる陶酔感に感じます。
これら2つも、酒と同様、長くは続かない。

「刹那的な高まり」を迎えるからこそ、酒は旨い・面白いとも感じます。
だからこそ、絶頂から降下していくときのやるせなさ、一種の苦痛も
ひとしおなのですが。
こういうことを書くにつけ、思うにつけ、やはり、酒は二律背反ですね。
心理学でいうところの『うそつきのパラドクス』に相当するものを
感じざるを得ません。
逆を言えば、いっときのものでなければ、酒は酒ではないのかもしれませんね。
2239  エル・ドゥロ  2015/9/27(Sun)22:31:42 
>kazRAV4
獺祭の蔵見、いいなぁ。
単純な自動化じゃなく、データの蓄積と適切な機械化で再現性の高さを保っているのですね。
かつては、基準に適合しなかったものなのか「初心」銘柄で習作的な位置づけな商品もありましたが、近年はそういうこともなくなったんだろうなぁ。
一度、見に行ってみたいです。
2238  エル・ドゥロ   2015/9/27(Sun)22:24:4 
>バックマイさん
自分にとって酒の面白いところは幻想とか物語性とか思い入れとか状況とかそういったものも含め、その一杯に何を感じるか、なんですよね。
で、ありながら、味わう(利く)際には、それらを一時的に排除してしまいます。
二律背反的なのですが、飲みながらあるいは飲んだ後にも、「付帯的な事柄」と「絶対的な形質」が記憶の形成の過程で融和していくところがさらに面白いというか。
「どっぷり」というのもいいのでしょうが、刹那的な高まりというか充実の積み重ねも楽しみ方の一つかなぁ、なんて思います。


2237  kazRAV4  2015/9/27(Sun)21:5:29 
周囲は酒蔵以外に観光はできないでしょう
それくらい山の中ですw

工場から20mくらいはなれたところに直販所はありました
お客さんはとにかくココだけ目指してきてると思います
だからこそ…一人二本くらいまでは買わせてよーっ!とw

絞りたては飲めないんですね〜勉強になりました
2236  ごえも〜ん  2015/9/27(Sun)18:31:24 
ほほぅ、熊出没注意ですか。
では、山村って感じなんですかねぇ。

お客さんが多いということは、なんか観光できる感じになってるんでしょうか。それとも、販売所だけあるんですかね。
獺祭だったらちょっと遠くても買いに行くかもしれませんね。
でも、発泡酒いいじゃないすか。300mlのやつかな?こっちでとんと見ないす。昔は良くかったなぁ。
たしかに、300ml一本だけでは、その道程はつらいですね。

出来立てのやつは、飲ませてはいけない法律なので仕方ないす。
2235  kazRAV4  2015/9/26(Sat)16:5:5 
>>ごえも〜んさん
本気で山の中でしたよw
予定時間より早く着いたのでちょっとドライブしてみましたが、何にもありませんw
ただ・・・マジですけど「熊出没注意」なる看板が結構ありました!
そうです、あの北海道にあるヤツです。。。それくらいでしょうかw

あと直販所はあんまり種類は置いてないです(お客さんはすげぇ多いですけど)
自分が行ったときは、その先へ・23・50・50スパークリングの4合以下ばかりでした
一人一本というのはちょっとどうかと・・・せめて2本までとかねw
後はアイス・お菓子類とか石鹸などです

接客?はごく丁寧でしたから、好感は持てました
出来立て絞りたての獺祭は香りだけ嗅がされて飲ましてくれないのがいけずですがねw(普通の商品からの有料試飲はあります)

一緒に回った方々も積極的に参加された(ココが一番だったかな)ので、盛り上がれましたし面白かったですよ
2234  ごえも〜ん  2015/9/26(Sat)10:0:41 
獺祭の蔵見学!うらまやしい。
あのテレ東とかでやってた新工場ですかー。いいなぁ。
山口のえらい山の中ですよね?車でいかれたのでしょうか。
まわりの雰囲気はどうでしょう?
2233  kazRAV4  2015/9/23(Wed)20:22:36 
あ、単位間違ってる!

1800kl → 1.8klです
2232  kazRAV4  2015/9/23(Wed)20:20:50 
連休中に山口の獺祭 旭酒造さんへ蔵見学してきました
例の真新しいでかい新工場ですw

説明曰く最大酒造量は月桂冠さんですが大吟醸の酒造量で限れば獺祭が1とのこと…うーん凄い

ただ工場ではあるけれど、酒の手作り感が非常に強いです
最重要な醸造タンク室の温湿度管理がコンピュータ制御されてるくらいですかね?
約1,800kl(一升瓶1000本分)のタンクがおよそ100基…手作業での攪拌がまぁ大変
でも良い香りだったな〜w

あと、こういう四季醸造の蔵元だからこその醸造途中の様子が比べられて大変面白かったですよ

最後は多分早大出の副社長さんがお見送り〜
白衣にサインもらえばよかったなー実に二枚目さんでした

とても有意義な1時間でしたよ!
2231  バックマイ  2015/9/23(Wed)4:3:25 
【酒に『淫する』こと 2】

追記です。

『淫する』ことは、なにも日本酒に限ったことではありませんね。
例えば、シングルモルトのウィスキー・防腐剤なしの赤ワイン
(当方は赤ワインはあえてボルドーではなく、同仏のブルゴーニュや
伊のキャンティを好みます)
などに淫すると、虜になってしまいます。

やはり、自分の身の丈よりほんの少し高いところにある上質な酒に
淫した時、人生の愉しみと歓びを感じます。
このような感覚は、紳士淑女の皆様の中には、お分かりいただける
方もおられるかと存じます。一種の喜悦・陶酔感ですね。

スモーキングも然り。シガレットかリトルシガー一辺倒だった当方、
パルダガス・ セリー D No.5やHアップマンに淫してからというもの、
こんなに美味いものが世の中にあるんだと、思わずうっとり、でした。

ただ、これらの『淫する』ことは、世の中に数多ある薄っぺらい
高級志向や、選民意識からくる優越感とは、明確に一線を画す
ものなんですよね。
ここすごく大事。テストに出ますよ〜(笑)。

皆様、いい酒にたっぷりと淫しましょう。
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
賛同意見はもちろん、異論反論も歓迎します。
2230  バックマイ  2015/9/23(Wed)3:37:47 

【酒に『淫する』こと 1】

やっぱり、酒は呑む・嗜むの前に、『淫する』ものではないかと
しみじみ感じています。
銘柄の種類・本数をある程度試して、自分の適性酒量や好みのタイプの味が
わかるようになるためには、やっぱり淫さないと駄目ですね。
淫してのち、はじめて適性酒量や好みのタイプの味がわかってくる。
勿論、アル中になるほど過ごしてはいけませんが、中毒と『淫する』ことは
違います。あおりのみすることとも違います。

『淫する』、即ち酒に惚れること。その世界にどっぷりと浸かること。
淫してから、呑む・嗜むものですね。
かくいう当方、特定名称酒に淫してからというもの、普通酒は舌が
受け付けなくなってしまいました(笑)。
上質な特定名称酒は、正に天の美禄なり。

ページ:[前へ]  1   2   3   4   5   6   7   8   9   [次へ]

過去ログ 1-500  501-1000  1001-1500  1501-2000