トップページ > 日本酒の口コミ一覧 > 鳴門鯛の口コミ > 「吟醸生貯蔵酒」は甘い芳香と爽快なキレが魅力

鳴門鯛の口コミ

口コミ投稿内容

日本酒口コミNo.461
「吟醸生貯蔵酒」は甘い芳香と爽快なキレが魅力

 常に先駆的な製品を世に送り出している、鳴門鯛の本家松浦酒造場。斬新なリキュール類でも知られる同社だが、清酒も評判だ。なかでも季節柄、日本酒度+3、アルコール15~16度、酸度1・4、アミノ酸度1・4の吟醸生貯蔵酒をオススメしたい。雪冷え状態まで飲用温度を下げても、飲み口の吟醸香は損なわれず、それでいて喉越しは爽快。体温で芳香する感じが、なんとも憎らしい。酒母・麹米は北錦を精米歩合55%まで磨いて使用し、掛米にはアケボノ(精米歩合は同じ)を使っている。
加賀 三義 (2004年07月07日 18時10分53秒)
口コミ投稿された銘柄
名前鳴門鯛
読みなるとたい
蔵元 本家松浦酒造場  [この蔵元の銘柄]
〒779-0303 徳島県 鳴門市大麻町池谷字柳ノ本19
TEL 088-689-1110 / FAX 088-689-1109
http://narutotai.jp/

口コミ投稿者
名前 加賀 三義   [このメンバーの投稿]
都道府県 千葉県
自己紹介  体と財布に優しい、旨い酒を求めています。レアな幻系の清酒より、常飲できる価格で親しみやすいものを探しています。宜しくお願い致します。
好きな銘柄
現在のところ、好きな銘柄の指定はありません。

※メンバー登録(無料)をして
日本酒の口コミを投稿しませんか?