トップページ > 石川の日本酒 > 農口酒造 > 農口

農口の口コミ

農口の口コミ(6件)

日本酒口コミNo.6340

農口酒造は、休業していた蔵を買い取って2013年に創業した新しいメーカーです。農口酒造のHPには「創業 約二百年」とありますが、これはその休業していた蔵の歴史であって、農口酒造の歴史ではありません。

私は「杜氏 農口尚彦」しか飲んだことないのですが、某予約が取れない人気料理店の大将が、以前は扱っていたが、急に美味しくなくなったので止めたと言っていました。その大将は上記の事情は知らなかったです。ご参考までに。
茗荷 (2017年03月07日 18時08分13秒)

日本酒口コミNo.6339

農口尚彦氏が杜氏となって作られた農口酒造の酒は2013BY、14BYのみです。
15BY以降のものは元鮨屋の社長が杜氏も兼務しているはずです。

農口杜氏が手がけたもののラベルには「杜氏 農口尚彦」とあります。
今のラベルには「初代杜氏 農口尚彦」となっているのですか?
これは「初代の杜氏は農口尚彦(今は違う)」という意味なのでしょうね。
茗荷 (2017年03月07日 18時06分12秒)

日本酒口コミNo.6337

15年12月詰めの品です。同年4月の品(前年の米使用の15BY)を飲んだことがありますが、その時と変わらない甘くて濃くて、ねっとりとした甘口の原酒です。変わったのはラベルに「初代杜氏 農口尚彦」と初代の文字が付いたこと。
1週間ほど経つと後味に若干渋みと苦みを感じます。

ただし。16BYについては富山、福井で私が知る数点を比較しても15BYの方が味は良いと感じるため(個人の好みかも知れません)、味の違いが杜氏によるものか、年による米の品質の違いによるかは今後の品を見て判断が必要でしょう。
海の男 (2017年03月05日 20時41分31秒)

日本酒口コミNo.5810

農口 山廃純米吟醸 無濾過生原酒 愛山55% 26BY
微かにウッディ、低いトーンの吟醸香。
厚みのある入口、とろっと濃いテクチャー。
強く確りした酸で、ボリュウムのある味わい。
やや酸を残しつつ、それが甘さを断つ、強いキレ。

引退された野口杜氏の残した酒でした。
能登杜氏の作品らしい「濃く力強い」という表現がぴったりなお酒です。
富牟谷欠 (2015年12月28日 23時20分59秒)

日本酒口コミNo.5621

金沢市内の酒販店で購入。
純吟・純米・本醸造を松竹梅の絵柄で区別し、大きく黒い「農口」の文字。
この上なくシンプルで分かりやすいラベルデザインに自信を感じます。
キリッとした辛口ですがしっかりした旨味もあり、生の岩牡蠣のコッテリした味から生臭みだけをキレイさっぱり取り除いてくれます。農口さんの鹿野酒造在籍時の「益荒男」を思い起こしました。
以前に山廃の純吟をいただきましたが、個人的にはこちらの方が好きかも。山廃純吟よりも益荒男よりもリーズナブルなのも魅力ですね。
左党 (2015年08月02日 20時54分49秒)

日本酒口コミNo.5261

金沢で地酒を物色している時に、酒屋の店主から現代の名工である農口氏が、新たな酒造メーカーを興して造った貴重なお酒であると説明があり、購入しました。

純米酒だけど、口当たりの良さ、コクなど何とも言えない旨さでした。
もっと買って来れば良かったと思いました。
酒好き竜 (2014年11月28日 16時40分34秒)

広告
広告