トップページ > 新潟の日本酒 > 青木酒造(新潟県) > 鶴齢

鶴齢の基本情報

鶴齢の基本情報
銘柄名

鶴齢かくれい

[鶴齢のお酒一覧]

銘柄紹介鶴齢の名前は、江戸時代の作家で「北越雪譜」の作者である鈴木牧之の命名。鈴木牧之の次男は青木酒造の八代目。
酒蔵名

青木酒造あおきしゅぞう

[青木酒造の銘柄一覧]

住所
〒949-6408
新潟県 南魚沼市 塩沢1214

[地図]

[このエリアの銘柄をさらに探す]

TEL025-782-0023
FAX025-782-4849
ホームページhttp://www.kakurei.co.jp/

鶴齢の商品

「鶴齢 青木酒造」の商品を楽天で探す
「鶴齢 青木酒造」の商品をYahoo!で探す
「鶴齢 青木酒造」の商品をAmazonで探す

鶴齢の商品をさらに見る

鶴齢の写真

左党さん
(2017年08月14日 18時41分19秒)
へびさん
(2017年07月17日 23時29分27秒)
へびさん
(2017年07月17日 23時29分18秒)

鶴齢の写真をさらに見る

鶴齢の口コミ

日本酒口コミNo.6326

鶴齢 特別純米 越淡麗55% 無濾過生原酒 H28BY
綺麗な果実香、含み香に極仄かに。
さらさらとした飲み口、ほんのり甘くてすっきり。
五味まとまりよくバランスよく、程よく盛り上がる。
喉越し軽く、すぅーっと終息。

鶴齢の基本線はもうちょっと濃い目のイメージですが、
これはややあっさり目です、でもここはこっちのがイイかも。
際立つ何かがあるわけではないけれど、
「中庸の徳たるや、それ至れるかな」
をお酒で具現化したらこうなるのかな、という味わいでした。
富牟谷欠 (2017年02月19日 21時12分45秒)

日本酒口コミNo.6297

鶴齢 純米大吟醸 精米歩合 40%
鶴齢シリーズの中でも精米歩合場合40%ともあり720mlで3千円代と高額なこちらのタイプ、飲んでみるとフルーティな感じが強いが吟醸香は生酒系統の方が強いかも?味の濃さは濃過ぎず丁度良い。
ザ・新潟の日本酒!!って感じがするお酒。
冷、常温と飲んでみたが常温の方が味のメリハリがはっきりしていて好印象だった。
貧乏性なのでちびちび飲んで時間経過でどのような変化があるのか今後楽しんでみたい。
蔵っしー (2017年01月23日 00時24分13秒)

日本酒口コミNo.6295

鶴齢 純米吟醸 山田錦 精米歩合50%。
生原酒ならではのガツンとくる味が美味い。特別純米酒と比べるとこちらの方が味が濃厚で香りでも高い。
辛口でスッキリしたお酒が好みの人向け。
こちらは個人的にはグビグビ飲むタイプではなくちょびちょび飲むのが向く酒と感じた。イカの一夜干しとよく合い美味し!
鶴齢シリーズは色々飲んだが、こちらは濃厚な味の上位に当たると思われる。
鶴齢は色々な米や製造の違いが豊富。新潟の酒でも上位の美味さだと思う。
蔵っしー (2017年01月21日 22時45分37秒)

鶴齢の口コミをさらに見る