トップページ > 栃木の日本酒 > せんきん > 仙禽 > 口コミ

仙禽の口コミ

仙禽 を楽天市場で探す

仙禽の口コミ(24件)

日本酒口コミNo.7177

わずかに炭酸があり軽快なフルーティさ。軽めの軽い香りでさっぱりとしたうまみ。日本酒っぽくなくワインのような感じがする。精米歩合50%でアルコールは15%. それでも無濾過原酒でこの軽い味わいとは!

裏のラベルを読むと原料米をドメーヌ化したと書いてある。地元の山田錦と水で造った酒。何でもかんでも兵庫県の山田錦を使う酒が多いが、これが本来の日本酒ですよね。
海の男 (2020年03月11日 21時02分55秒)

日本酒口コミNo.6863

 東京駅構内で購入。早速飲んでみると、若干のピチピチ感と ”適度な甘味に、酸味を感じ、ドライ感が見え隠れし、食前酒向きかな ”と言うのが第一印象。盃を重ねるに連れて(味覚が無くなるにつれて)、酸味とドライ感が全面に出て食中酒として、どの料理にも合いそうと言うのが、最終的な結論でした。仙禽は種類が多いようなので、味比べを行いたいと思った次第です。
井坂酒蔵 (2019年01月06日 19時17分07秒)

日本酒口コミNo.6567

栃木県の某酒屋で購入。

強めの酸味先行で、甘味と旨味が追いかけてきます。
フルーティー系が好きな当方はアリだと思いましたが、むすこは「無理」と一言。
呑む人を選ぶかも。

個人的には、「姿」とか「ちえびじん」みたいな甘旨系と呑み合わせるのは至福のひとときだと思います。
OKDパパ (2017年11月23日 23時56分19秒)

日本酒口コミNo.6488

久しぶりに仙禽銘柄を見かけたと思ったら、亀の尾90%精米、
超古代製法・酵母無添加・木桶仕込み・生モトとあり、興味津々で購入。
注ぐとオリっぽい濁り、含むと杏酒や梅酒を連想させる旨・酸、
尖った感は無くどこまでも優しい丸みを帯びてます。
イタリアンなんかに合うのではないでしょうか。
日本酒を飲み慣れていない方に勧めて、そのリアクションを見てみたい。
なかなか買えませんが、アン(1)からシス(6)までリリースされる
みたいなんで、追いかけてみたいシリーズです。
ひなちゃん (2017年08月21日 21時41分06秒)

日本酒口コミNo.5972

米は栃木県さくら市の山田錦、仕込水は同じ地域の地下水を使用
ドメーヌ化した米と水で醸した50%精米、無濾過原酒、瓶火入れ。
早期の瓶火入れという事なので、生詰め酒の部類と思います。
含んだ瞬間に、香と芳香が素早くふぁ~と立ち上がります!
某テレビ局でアメリカ人バイヤーが今、最もアメリカ向けに勧めている日本酒です。濃厚でしっかりした旨口の辛口!酸味!癖になりそう。他の仙禽酒も気になりますね。
季がらし (2016年04月07日 20時27分50秒)

日本酒口コミNo.5950

こちらもアル添感を感じる甘味、
余韻は濃醇な酸による甘味が主張してくるが、
「からくち」より何か薄さを感じる。
ということで、燗してみた。
おっ、甘酸っぱい酸が出て来て、いわゆる仙禽らしい感じ。
予想以上に表情が変わりますね。
こちらは燗がお勧めです。
ひなちゃん (2016年03月22日 21時42分05秒)

日本酒口コミNo.5949

そういや仙禽の普通酒は飲んでいなかったな~ということで
2種購入してみました。
思ったよりスッキリとしており、
アル添感あるツンとした甘味を感じた後でシャープにキレる。
余韻にやや仙禽らしい酸が見え隠れする。
とはいえ、ブラインドで飲んだら仙禽と判断するのは難しい。
ひなちゃん (2016年03月22日 21時29分49秒)

日本酒口コミNo.5198

こりゃ甘い!香りは穏やかで酸味はほとんど感じません。
この甘さは全て米の甘さ。すごく上品で嫌味も一切なし。
左党 (2014年09月22日 00時13分31秒)

日本酒口コミNo.5060

含むと甘酸っぱさとフルーティーな仙禽らしいテイスト。
余韻には青リンゴのようなやや苦渋みのある酸があり、
若々しさを感じます。
仙禽の「定番」としての位置づけ銘柄ということで、仙禽にしては
「ああ、なるほど」と思えるぐらい飲みやすく仕上がっていると思います。
仙禽を試してみたい方はこの銘柄からチョイスすると良いでしょう。
スペックは以下の通り。
精米:50%
アルコール:17度
仕様:無濾過原酒・中取り・瓶囲い火入れ
今までのFIRE銘柄が無垢に名称変更になったみたいですね。
ひなちゃん (2014年05月01日 23時22分14秒)

日本酒口コミNo.4859

透明な瓶に七色のトンボ。ほぼジャケ買い。
含むと仙禽らしい甘味があるのですが、何故熟感あるの?
と思って調べてみるとひやおろしでしたか。
新年早々ひやおろしを知らずに購入したとは(笑)。
他の銘柄でも思いますが、ひやおろしはひやおろしと記載して欲しいです。
とはいえ、ひやおろしとしてきちんと向き合ってみると、
最初はパイナップル系の甘味から入り、仙禽らしい甘味と酸味のトルネードを
繰り広げながら、余韻はビターチョコを感じつつヒケます。
この一連の目まぐるしい流れがやはり仙禽ですね。
ひなちゃん (2014年01月06日 21時31分06秒)

日本酒口コミNo.4758

含むと梅のような、アプリコットのような甘酸っぱさが際立ちます。
梅っぽさが強いのですが、これがワイン酵母由来なんでしょうか。
四合瓶で2000円、やや値段が張りますが、
甘酸っぱいテイストが好きな人は一飲の価値はあると思います。
スペックは以下の通り。
原料米:栃木県産さくら市産酒造好適米
精米:50%
使用酵母:ボルドー産ワイン酵母
アルコール:13度
仕様:無濾過生原酒
ひなちゃん (2013年09月24日 22時24分36秒)

日本酒口コミNo.4757

冷やして飲むとクラシックらしく飲みやすいライトな味わい、
アメリカンチェリーのような風味、仙禽らしいトルネードな酸味を感じます。
裏ラベルにお燗推奨酒とあったので燗して飲んでみると
甘酸っぱさと酸味が際立ちます。ぬる燗ぐらいが良いですね。
この際立つ余韻の酸と共に食中のアテを楽しむという構図でしょうか。
個人的には湯豆腐なんかと合わせてみたい。
ポン酢が合うアテには結構イケそうな気がします。
冷やして飲んでも良いですが、やはり燗して飲んでみるのが面白い。
ひなちゃん (2013年09月23日 22時36分43秒)

日本酒口コミNo.4674

タッチはスッキリ、スイスイ入ります。
香りも華やかで仙禽らしい甘酸っぱい系の酸は健在ですが、
甘味は他のスペックと比べると仙禽にしては控え目に思います。
仙禽ブランドにおいてはラベル通り
モダンでクラシカルな味わいというとこでしょうか。
裏ラベルには以下記載(大枠)。
 ○ワインの発酵学よりヒントを得て原酒ながら低アルの実現
 ○今までの仙禽とは全く異なる醸造方法
 ○上槽後3日以内に火入れ(瓶火入れ)
 ○今までの仙禽と比べて、より原料米の個性が引き立つ
ひなちゃん (2013年06月11日 22時02分19秒)

日本酒口コミNo.4517

注ぐと薄ら色がかっており、オリっぽいものも浮かんでいます。
飲み進むと甘味と酸味の振れ幅が凄い、これが仙禽ワールドか、
野茂のトルネードみたい(笑)。
生モトのコクを感じる一方で、
洋酒・梅酒のようなライトなリキュール感・甘酸っぱさがありますね。
以前飲んだスペックとは異なりかなり個性的です。
好き嫌いはある味ですが、個人的には好み。
三芳菊等が好きな人はイケるのではないかな。
スペックは以下の通り。
原料米:亀の尾100%
精米:50%
アルコール:17度
日本酒度:-5前後
酸味:3.0前後
ひなちゃん (2013年02月11日 22時32分08秒)

日本酒口コミNo.4501

今年はお米の確保ができず若水米を使って醸したとの事で、この若水米を使った仙禽は24BY限定とのこと…。今回初めて仙禽を飲んだので従来の愛山や亀ノ尾などの仙禽とは比較はできないが、噂に聞いていた通り甘酸っぱいという印象を受けた。冷蔵庫から出してすぐでは酸味を強く感じたが、若干常温に慣らしたあたりから甘みが増し、甘みと酸味のバランスが非常に良くなった。まるでお米のジュースのようでみずみずしく、いくらでも飲めてしまう。普段の仙禽を知らないので何とも言えないが、この味であれば定番としてもいいのでは?
nanasi3 (2013年02月01日 19時39分51秒)

日本酒口コミNo.4359

無濾過生酒原酒です。
このブランドは製品スペックが詳しく書いてあるのでよいですね。
お味は、ドライ。やや酸味が強いように感じます。
すくなびこな (2012年08月31日 21時43分49秒)

日本酒口コミNo.4302

愛山100%、精米歩合50%
中取り、無濾過生原酒
日本酒度 -5、酸度 3.0

スペックからして凄い。店主から個性的な酒だけど、甘口に抵抗がなければ気に入るかも、と試してみました。

今まで、衝撃を感じるほどの日本酒、何本かありますが、これもその1本になりました。

スペックを比べると差はあるんですが、鍋島のニュームーンと味わいの方向性が似ている気がします。

フルーティーな香り、甘いのですが、雑味が無く、際立った酸味のおかげで、白ワインのようなようなお酒に仕上がっています。

一口、旨い!
ピーハイ (2012年06月05日 17時08分50秒)

日本酒口コミNo.3990

とちぎ酒14号米 精米歩合:55%
T-F=栃木酵母 アルコ-ル分17~18度
日本酒度-4 酸度2.2
一口含んで、思わず笑ってしまった。
程よい甘酸っぱさとフルーティーさに笑みがこぼれる。
人により、好き・嫌いの分かれるお酒かも知れない。
私は、好きである。
『醸肥辛甘非真味。真味只是淡。』
まさに逆を行く、代表的な作りでしょうね。
飲むほどに、なぜか北海道 ”苫”のホッキ貝が食べたくなった。
故郷・海無し栃木14号酒米と甘酸っぱい青春の地 苫小牧が脳裏を駆け巡る。
しもつけびと (2011年07月23日 22時39分36秒)

日本酒口コミNo.3796

確かに甘酸っぱいお酒だけどそこまで酸っぱくないし、
甘みもしつこくないので飲みやすいと思います!
イメージ的に、最初は貴腐ワインみたいだけど、
後味は米の香りと旨味が少し残る素晴らしいお酒でした
しかし食中だと食べものが限定されますので
食前向き。
良質な銘酒です。
YUSUKE (2011年01月23日 22時37分49秒)

日本酒口コミNo.3578

酒屋さんに個性的な味わいですよ、と勧めれられて購入。
香り華やかというよりは
どっしりとした旨味と酸味が印象的です。
余韻はかすかな果実香を感じつつ、
強い存在感を主張しながらキレていきます。
ぐびぐび飲むのではなく、
この一杯をつまみと共にじっくりと味わいたい、
そう思わせる酒です。
ひなちゃん (2010年08月06日 23時21分46秒)